2014年5月17日 (当日の馬場情報)

3回京都7日目

8

サラ4歳以上

[指定],(混),500万下,定量

(ダート・右)

晴・良

  1. 750万
  2. 300万
  3. 190万
  4. 110万
  5. 75万

レコード1.09.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

7

14 オリエンタルリリー 牝4 55 小牧太 1.13.0
    ****
* * 36.7 8 28.1 494 +4 中尾秀
2 *

6

12 ミリオンヴォルツ 牡5 57 福永 1.13.0 ハナ
    ****
* * 36.7 2 2.9 494 -4 高野
3 *

6

11 アルティメイト 牝5 55 北村友 1.13.1 1/2
    ****
* * 36.6 6 23.9 462 +2 境直
4 *

4

8 ビコーミハイル 牡5 57 佐久間 1.13.2 1/2
    ****
* * 36.9 4 10.5 484 -20 柴田光
5 *

3

6 ヒロノエンペラー 牡4 57 藤岡康 1.13.5 2
    ****
* * 36.3 5 16.5 472 +6 庄野
6 *

5

10 スズカアルファ 牡4 57 花田 1.13.6 3/4
    ****
* * 37.7 10 82.5 466 +2 藤沢則
7 *

7

13 ステーキ 牡4 57 岩田康 1.13.6 ハナ
    ****
* * 37.5 1 2.5 506 +4 池江寿
8 *

4

7 バンブーバッジョ 牡4 54 1.13.6 ハナ
    ****
* * 36.6 14 239.5 564 0 岩元
9 *

1

1 アルテミシア 牝4 55 秋山真 1.13.6 ハナ
    ****
* * 36.8 12 118.1 474 +6 藤沢則
10 *

2

4 テイエムキュウベエ 牡5 57 1.13.7 1/2
    ****
* * 38.3 9 74.4 512 0 柴田見
11 *

5

9 メイショウオハツ 牝5 55 古川吉 1.14.0 1 3/4
    ****
* * 38.4 15 292.0 506 -2 武田
12 *

3

5 シゲルカンムリザ 牡4 57 国分優 1.14.3 2
    ****
* * 38.3 13 209.8 544 +6
13 *

2

3 アルペンクローネ 牡4 57 太宰 1.14.3 ハナ
    ****
* * 37.6 11 111.8 446 -4 安達
14 *

1

2 サンライズウォー 牡4 57 国分恭 1.14.5 1
    ****
* * 37.6 3 5.9 462 -18 石坂正
15 *

8

16 タムロトップステイ 牡5 57 和田竜 1.15.6 7
    ****
* * 39.0 7 26.5 530 0 西園
16 *

8

15 ワンダージョイア 牡5 57 鮫島良 1.16.0 2 1/2
    ****
* * 37.9 16 442.2 446 -4 梅内

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
35.4 47.5 59.9
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.4 11.3 11.7 12.1 12.4 13.1
払戻金
単勝

14

2,810円

馬単

14-12

9,700円

複勝

14

12

11

320円

160円

400円

ワイド

12-14

11-14

11-12

890円

1,990円

710円

枠連

6-7

220円

3連複

11-12-14

8,600円

馬連

12-14

3,510円

3連単

14-12-11

76,950円

勝因敗因

オリエンタルリリー(1着)小牧太騎手 前回は砂を被ってしまったのが敗因。それだけに今回は少々ロスがあっても外を回ろうと思っていた。外枠に入ってくれたし、思い通りのレースができたよ。

次走へのメモ

オリエンタルリリー……中団の前方で外を回る展開だったが、スムーズに進めて余裕のある手応えで直線へ。抜け出したあとは若干甘くなって際どく詰め寄られたが、渋太く踏ん張って押し切った。追走に手間取ることもなく、距離短縮によるプラス効果は大きかったよう。

前へ

次へ

上へ