2014年3月8日 (当日の馬場情報)

2回中山3日目

3

サラ3歳

[指定],未勝利

(ダート・右)

晴・稍重

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.08.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

5

9 スイフトフォンテン 牡3 56 吉田豊 1.13.0
    ****
* * 38.4 2 5.1 444 -2 高橋裕
2 *

1

1 オニノシタブル 牡3 56 江田照 1.13.2 1 1/4
    ****
* * 38.4 6 20.2 478 +12 矢野英
3 *

7

14 ビックナサンクス 牡3 56 北村宏 1.13.2 ハナ
    ****
* * 38.5 1 1.8 524 0 加藤和
4 *

3

5 フジマサレジェンド 牡3 56 内田博 1.13.2 アタマ
    ****
* * 38.2 5 13.0 510 +6 菊川
5 *

7

13 リネンプルーフ セン3 56 柴田大 1.13.5 2
    ****
* * 38.5 14 257.7 478 -4 加藤和
6 *

6

12 ポッドボーイ 牡3 56 丸山 1.13.6 クビ
    ****
* * 37.9 11 229.1 466 -4 土田
7 *

1

2 フクノトリアイナ 牡3 56 松岡 1.13.8 1 1/2
    ****
* * 38.6 7 21.0 482 -6 小野次
8 *

8

16 サトノスティング 牡3 56 的場勇 1.13.9 クビ
    ****
* * 39.1 4 9.4 456 0 的場
9 *

2

4 オールデフィート 牡3 56 三浦 1.13.9 クビ
    ****
* * 38.7 3 6.8 466 -2 天間
10 *

8

15 ケイブロック 牡3 53 木幡初 1.14.2 1 3/4
    ****
* * 39.3 8 29.3 520 -2 杉浦
11 *

4

8 ベストタイム 牡3 56 田辺 1.14.5 2
    ****
* * 38.4 9 55.0 422 小西
12 *

2

3 オーガスタウインド 牡3 56 勝浦 1.14.6 クビ
    ****
* * 38.6 12 230.4 424 0 高橋博
13 *

6

11 ダルムシュタット 牡3 53 井上敏 1.15.2 3 1/2
    ****
* * 38.9 13 252.7 448 -2 高橋博
14 *

4

7 プロテッツィオーネ 牝3 54 村田 1.15.6 2 1/2
    ****
* * 39.3 15 470.1 404 -2 成島
15 *

5

10 バトルクール セン3 56 吉田隼 1.15.7 1/2
    ****
* * 40.8 10 164.1 454 +6
16 *

3

6 トライバル 牡3 56 木幡広 1.16.4 4
    ****
* * 40.6 16 492.3 444 0 菅原

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.6 47.0 59.7
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.2 10.7 11.7 12.4 12.7 13.3
払戻金
単勝

9

510円

馬単

9-1

8,750円

複勝

9

1

14

150円

380円

110円

ワイド

1-9

9-14

1-14

1,370円

240円

650円

枠連

1-5

2,130円

3連複

1-9-14

2,570円

馬連

1-9

5,340円

3連単

9-1-14

29,330円

勝因敗因

スイフトフォンテン(1着)吉田豊騎手 叩いて素軽さが増していましたね。スタートが決まったし、内の馬が引いたのでハナへ。多少フワフワするところはありましたが、追ってからもしっかり走ってくれました。

次走へのメモ

スイフトフォンテン……押して行ってハナへ。外からプレッシャーをかけられる結構厳しい競馬だったが、直線ではもうひと伸びして、後続を振り切っての勝利。前が容易に止まらぬ馬場で行かせたのと、この距離への起用も大正解。

前へ

次へ

上へ