2014年3月1日 (当日の馬場情報)

2回中山1日目

7

サラ4歳以上

[指定],(混),500万下,定量

(ダート・右)

曇・良

  1. 750万
  2. 300万
  3. 190万
  4. 110万
  5. 75万

レコード1.08.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

5

9 ノボピュアリティ 牝5 55 田辺 1.12.3
    ****
* * 38.4 4 9.7 502 +12 天間
2 *

3

6 エジル 牝4 55 北村宏 1.12.9 3 1/2
    ****
* * 37.8 5 14.1 522 +20 木村
3 *

4

8 ビームマシンガン 牡4 57 蛯名 1.13.0 1/2
    ****
* * 39.0 2 3.9 500 -7 水野
4 *

4

7 ダークシーカー 牡5 57 松岡 1.13.0 ハナ
    ****
* * 38.3 1 2.9 534 +8 土田
5 *

2

3 シゲルリョウケンザ 牡4 57 内田博 1.13.1 クビ
    ****
* * 38.5 6 18.3 476 +10 伊藤正
6 *

8

16 セトノブロッサム 牝4 55 吉田豊 1.13.1 クビ
    ****
* * 37.8 3 4.9 478 -12 田島俊
7 *

7

13 マイネルルークス 牡4 57 柴田大 1.13.1 アタマ
    ****
* * 38.7 7 23.0 478 -6 清水英
8 *

1

2 ベルモントホウオウ 牝4 55 津村 1.13.2 クビ
    ****
* * 38.9 13 61.5 494 +10 鈴木伸
9 *

5

10 メテオーラビアンカ 牡4 57 横山和 1.13.2 アタマ
    ****
* * 38.5 11 36.3 508 -2 久保田
10 *

8

15 リーサムダイチ 牡6 57 戸崎 1.13.3 1/2
    ****
* * 38.1 10 35.9 486 +12 大江原
11 *

6

11 ミストフェリーズ 牡4 54 石川裕 1.13.5 1 1/4
    ****
* * 38.2 12 48.2 472 +12 斎藤誠
12 *

2

4 ヴェアリアスローズ 牝4 52 原田和 1.13.6 1/2
    ****
* * 39.2 16 358.5 406 +2 栗田徹
13 *

6

12 ヤマニンクレマ 牝4 55 ブノワ 1.13.8 1 1/2
    ****
* * 39.7 8 28.8 464 -10 星野
14 *

1

1 ベルモントラヴ 牝4 55 大野 1.13.9 1/2
    ****
* * 38.6 9 33.1 490 +6 和田郎
15 *

7

14 コンシェルジュ 牝4 55 後藤浩 1.14.3 2 1/2
    ****
* * 39.8 14 149.4 478 -10 金成
16 *

3

5 ラピスブラオ 牝4 55 三浦 1.14.7 2 1/2
    ****
* * 40.8 15 163.7 446 +6 栗田博

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
33.9 46.1 58.5
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.0 10.7 11.2 12.2 12.4 13.8
払戻金
単勝

9

970円

馬単

9-6

8,170円

複勝

9

6

8

310円

460円

200円

ワイド

6-9

8-9

6-8

1,930円

1,110円

1,180円

枠連

3-5

4,530円

3連複

6-8-9

10,040円

馬連

6-9

5,050円

3連単

9-6-8

80,310円

勝因敗因

ノボピュアリティ(1着)田辺騎手 休み明けで、まだ息遣いなんかは本当ではなかったですが、今日は力の違いで勝つことができました。

次走へのメモ

ノボピュアリティ……仕上がる。スタート良く、抜群の手応えで2番手へ。直線まで追い出しを待つ余裕があり、仕掛けると後続をアッサリ突き放して3馬身半差の快勝。前半33秒9のハイペースを正攻法の競馬で押し切ったように、終わってみればここでは力が違った。

前へ

次へ

上へ