2014年2月22日 (当日の馬場情報)

2回京都7日目

4

サラ3歳

[指定],(混),新馬

(ダート・右)

晴・良

  1. 600万
  2. 240万
  3. 150万
  4. 90万
  5. 60万

レコード1.21.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

1

2 タマモユウトウセイ 牡3 56 池添 1.26.5
    ****
* * 38.2 1 2.8 492 五十嵐
2 *

3

5 ウォーターショパン 牡3 56 福永 1.26.9 2 1/2
    ****
* * 38.7 2 5.2 472 岡田
3 *

4

8 エイシンローリン 牝3 54 熊沢 1.27.4 3
    ****
* * 38.6 7 26.1 434 松永昌
4 *

7

14 ピサノナイトレイ 牝3 54 和田竜 1.27.4 クビ
    ****
* * 39.0 6 10.0 434 吉村
5 *

3

6 ドキドキマドンナ 牝3 54 太宰 1.27.6 1 1/4
    ****
* * 37.6 10 48.6 460 柴田光
6 *

4

7 ナムラアンバー 牡3 56 国分優 1.27.6 クビ
    ****
* * 37.1 11 87.1 512 福島信
7 *

6

12 マチルダ 牝3 54 松山 1.27.8 1 1/4
    ****
* * 39.8 8 36.3 466 飯田雄
8 *

8

16 メイショウルナ 牝3 54 武幸 1.28.0 1 1/2
    ****
* * 38.5 4 6.8 490 小野幸
9 *

5

9 タイセイデザイア 牝3 54 川島信 1.28.2 1 1/2
    ****
* * 38.6 14 126.3 506 宮本
10 *

7

13 エスペランサナナ 牝3 54 畑端 1.28.5 2
    ****
* * 39.4 15 129.9 466 飯田雄
11 *

2

3 サンセットライヴ 牝3 54 小坂 1.28.6 クビ
    ****
* * 38.4 16 352.4 462 境直
12 *

6

11 サウンドターゲット 牡3 56 浜中 1.29.0 2 1/2
    ****
* * 40.6 3 6.3 466 庄野
13 *

5

10 ファーレンハイト 牡3 56 岡田祥 1.29.4 2 1/2
    ****
* * 39.4 9 38.8 492 千田
14 *

8

15 シーヴァージア 牝3 54 上村 1.29.7 1 3/4
    ****
* * 39.5 13 118.3 436 中村
15 *

2

4 インターナショナル 牝3 54 竹之下 1.30.8 7
    ****
* * 41.5 12 107.5 430 池添兼
16 *

1

1 アルリネージ 牝3 54 四位 1.32.0 7
    ****
* * 43.9 5 7.1 468

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.3 48.0 1.01.1 1.13.8
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.5 10.9 11.9 12.7 13.1 12.7 12.7
払戻金
単勝

2

280円

馬単

2-5

1,170円

複勝

2

5

8

150円

190円

490円

ワイド

2-5

2-8

5-8

260円

1,480円

1,680円

枠連

1-3

360円

3連複

2-5-8

4,750円

馬連

2-5

620円

3連単

2-5-8

15,220円

勝因敗因

タマモユウトウセイ(1着)池添騎手 攻め馬でいい動きをしていましたし、反応がいいのは分かっていました。道中、ムキにならず運べたし、4角で待たされるところはありましたが、稽古同様、鋭く伸びてくれました。いい勝ち方ができましたね。

次走へのメモ

タマモユウトウセイ……マズマズの仕上がり。好位で追走していたが、砂を被って気にしたのか、少しフワフワした面を見せていた。ただ、残り1ハロンで外目に持ち出してからはしっかりした脚取りで前を追いかけ、先頭に立っていた2着馬を並ぶ間もなく交わして抜け出した。

前へ

次へ

上へ