2014年5月17日 (当日の馬場情報)

1回新潟5日目

11

八海山特別

(混),1000万下,定量

(ダート・左)

曇・良

  1. 1290万
  2. 520万
  3. 320万
  4. 190万
  5. 129万

レコード1.09.2

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

3

4 ナリタシーズン 牡7 57 川島信 1.11.8
    ****
* * 35.3 6 10.8 512 -4 小野幸
2

*

5

8 キクノラフィカ 牡5 57 菱田 1.11.8 ハナ
    ****
* * 36.5 1 2.5 490 +2 中内田
3

*

2

2 ファインスカイ 牝4 55 松田 1.12.1 2
    ****
* * 36.7 4 7.5 472 -8 角田
4

*

5

9 リベルタドーレス 牡4 57 伊藤工 1.12.3 1
    ****
* * 37.2 11 66.3 492 -2 宗像
5

*

2

3 エトルアンフルール 牝4 55 丸山 1.12.4 1/2
    ****
* * 36.8 9 22.4 480 +6 高柳瑞
6

*

8

14 ヒラボクダッシュ 牡5 57 高倉 1.12.6 1 1/4
    ****
* * 36.5 2 7.2 456 +2 加藤敬
7

*

8

15 マジッククレスト 牝5 55 津村 1.12.7 3/4
    ****
* * 37.1 7 13.6 458 +16 藤岡健
8

*

6

10 ドレッシースタイル 牡4 57 木幡広 1.12.9 1 1/4
    ****
* * 37.1 3 7.4 480 +6 天間
9

*

7

12 ミリアグラシア 牝4 55 勝浦 1.12.9 クビ
    ****
* * 37.0 5 9.8 500 0 千田
10

*

4

7 スズノオオタカ 牡6 57 中谷 1.13.2 1 3/4
    ****
* * 38.3 13 89.3 526 +4 森田
11

*

7

13 ポークチョップ 牝4 55 熊沢 1.13.2 アタマ
    ****
* * 38.1 8 18.0 458 0 菅原
12

*

6

11 エリモフェザー 牝4 55 1.13.5 1 3/4
    ****
* * 38.0 12 84.4 406 -8 中野栄
13

*

3

5 ビップセレブアイ 牡6 57 吉田隼 1.13.7 1 1/4
    ****
* * 37.8 10 34.6 482 +4 清水久
14

*

4

6 ローレルシャイニー 牡4 57 中井 1.13.7 アタマ
    ****
* * 37.7 14 95.9 460 -5 庄野
15

*

1

1 アグネスレイザー 牡9 57 杉原 1.15.5 大差
    ****
* * 40.0 15 101.6 490 +4

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.9 47.3 59.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.2 11.2 11.5 12.4 12.1 12.4
払戻金
単勝

4

1,080円

馬単

4-8

3,860円

複勝

4

8

2

260円

150円

220円

ワイド

4-8

2-4

2-8

710円

1,220円

520円

枠連

3-5

1,080円

3連複

2-4-8

3,230円

馬連

4-8

1,390円

3連単

4-8-2

22,890円

勝因敗因

ナリタシーズン(1着)川島信騎手 先生からの指示は、前半は無理せず、直線だけの競馬を。その通りに道中は離れた位置からになりましたが、直線で外へ出すと凄い脚を使ってくれましたね。強い勝ちっぷりだったと思います。

次走へのメモ

ナリタシーズン……体が絞れて上積み十分。いつも通り脚をタメて、ポツンと最後方。4角で勢い良く大外に持ち出すと、目の覚めるような末脚で前を猛追。先に抜け出したキクノラフィカをゴール寸前でハナ差捉えた。レースの上がりを1秒6も上回り、今の充実ぶりは本物。

前へ

次へ

上へ