2014年5月17日 (当日の馬場情報)

1回新潟5日目

10

胎内川特別

(混),500万下,定量

(芝B・左内)

曇・良

  1. 880万
  2. 350万
  3. 220万
  4. 130万
  5. 88万

レコード2.11.0

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

5

7 ダノンシンフォニー 牡4 57 菱田 2.14.4
    ****
* * 35.5 1 3.3 446 +8 角居
2

*

1

1 シャイニーリーヴァ 牡4 57 勝浦 2.14.7 2
    ****
* * 35.7 3 6.5 466 -10 菊川
3

*

6

10 カムイミンタラ 牡4 57 吉田隼 2.14.7 クビ
    ****
* * 35.7 2 4.1 490 +2 高木登
4

*

7

12 ブロードスター セン4 57 津村 2.14.9 1 1/4
    ****
* * 36.3 4 6.9 474 +2 鮫島
5

*

3

3 エルヴィスバローズ 牡6 57 横山和 2.15.0 クビ
    ****
* * 35.7 11 65.1 502 +12
6

*

3

4 マイネルアクロス 牡5 57 中井 2.15.2 1 1/2
    ****
* * 36.5 7 18.6 466 +4 奥村武
7

*

7

11 ブリリアントダンス 牡4 57 木幡広 2.15.3 クビ
    ****
* * 36.4 12 75.6 488 -2 栗田徹
8

*

8

13 スティルレーベン 牡4 57 原田和 2.15.3 アタマ
    ****
* * 35.8 13 80.3 478 0 大久洋
9

*

6

9 コスモハヤブサ 牡4 57 2.15.3 アタマ
    ****
* * 36.1 8 29.2 442 0 田島俊
10

*

8

14 プライドイズメシア 牡4 57 柴山 2.15.4 3/4
    ****
* * 36.3 5 7.6 520 -4 高橋文
11

*

2

2 プロフェッサー 牡5 57 丸山 2.15.8 2 1/2
    ****
* * 36.6 6 10.3 472 +8 音無
12

*

4

5 ミライヘノカゼ 牡5 57 松田 2.15.9 クビ
    ****
* * 37.5 10 51.4 486 +8 伊藤大
13

*

5

8 ヴェイパーコーン 牡4 57 荻野琢 2.16.3 2 1/2
    ****
* * 37.1 9 30.3 504 -6 和田道
14

*

4

6 エッフェル 牡4 57 2.18.8 大差
    ****
* * 40.2 14 240.6 510 +2 高橋祥

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
35.7 48.3 1.01.0 1.13.7 1.26.0 1.38.4 1.50.4 2.02.2
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m
12.6 11.0 12.1 12.6 12.7 12.7 12.3 12.4 12.0 11.8 12.2
払戻金
単勝

7

330円

馬単

7-1

2,130円

複勝

7

1

10

140円

190円

150円

ワイド

1-7

7-10

1-10

440円

260円

450円

枠連

1-5

1,050円

3連複

1-7-10

1,390円

馬連

1-7

1,180円

3連単

7-1-10

7,340円

勝因敗因

ダノンシンフォニー(1着)菱田騎手 今日が初めてのチークでした。ペースが遅くて1~2角でハミを噛みましたが、すぐに収まりました。直線では抜け出す時の脚が速かったですし、これなら上にいっても楽しみです。

次走へのメモ

ダノンシンフォニー……初チークピーシズ。休ませて馬体が回復していた。好位馬群で虎視眈々。直線で抜け出していた4着馬を外から交わすと、右ムチで内、左ムチで外へ切れ込みながらも、危なげなく後続を突き放しての快勝。ここでは力が違った。

前へ

次へ

上へ