2013年2月16日 (当日の馬場情報)

2回京都7日目

12

サラ4歳以上

[指定],1000万下,定量

(ダート・右)

晴・重

  1. 990万
  2. 400万
  3. 250万
  4. 150万
  5. 99万

レコード1.21.9

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

7

14 ナリタスーパーワン 牡4 57 福永 1.23.8
    ****
* * 35.7 1 3.1 482 -2 松永昌
2 *

7

13 マイユクール 牝5 55 酒井学 1.23.9 1/2
    ****
* * 36.2 3 5.7 452 +4 田中章
3 *

4

7 マルカリョウマ 牡4 57 国分恭 1.23.9 クビ
    ****
* * 36.2 6 14.8 524 +2 増本
4 *

1

2 オールブラックス 牡4 57 浜中 1.24.4 3
    ****
* * 37.3 2 3.5 490 -2 中尾秀
5 *

5

9 テルミーホワイ 牡6 57 池添 1.24.4 クビ
    ****
* * 35.8 8 21.6 494 -4 梅田康
6 *

2

3 オーミレイライン 牡7 57 岩田康 1.24.5 1/2
    ****
* * 37.1 5 11.8 526 +4 境直
7 *

3

6 トキノゲンジ 牡5 57 国分優 1.24.6 3/4
    ****
* * 36.3 11 58.4 512 -4 梅田康
8 *

2

4 アキノモーグル 牡5 57 丸野 1.24.6 ハナ
    ****
* * 37.4 7 15.1 520 -4 中村
9 *

8

16 サンリットレイク 牡4 57 和田竜 1.24.7 クビ
    ****
* * 36.8 4 8.7 504 -8 勢司
10 *

1

1 オレハメジャー 牡4 54 水口 1.24.9 1 1/4
    ****
* * 37.9 10 56.1 444 0 藤岡範
11 *

6

11 マジックアロー 牡7 57 四位 1.25.0 クビ
    ****
* * 37.1 12 66.4 464 -4 新川
12 *

8

15 ドナリサ 牝5 55 高田 1.25.0 アタマ
    ****
* * 36.2 13 314.9 472 +2 高木登
13 *

4

8 ピュアマリーン 牝7 55 佐久間 1.25.1 3/4
    ****
* * 36.4 15 412.2 448 -8 鹿戸明
14 *

5

10 イーグルカザン 牡5 57 1.25.1 アタマ
    ****
* * 37.6 9 32.1 492 0 伊藤大
15 *

3

5 シャイニイチカ 牝6 55 小林徹 1.25.5 2 1/2
    ****
* * 37.3 16 450.7 434 +2 伊藤伸
16 *

6

12 ダイモス 牡4 57 藤岡佑 1.26.0 3
    ****
* * 38.4 14 325.5 470 -2 田島良

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.1 47.0 59.2 1.11.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.3 11.2 11.6 11.9 12.2 12.1 12.5
払戻金
単勝

14

310円

馬単

14-13

1,610円

複勝

14

13

7

150円

180円

410円

ワイド

13-14

7-14

7-13

370円

940円

1,240円

枠連

7-7

940円

3連複

7-13-14

3,410円

馬連

13-14

960円

3連単

14-13-7

11,010円

勝因敗因

ナリタスーパーワン(1着)福永騎手 クラスが上がったし、中団ぐらいになるだろうなと思っていました。内を突いて、うまく捌けましたし、これでひと息入れることができますね。

次走へのメモ

ナリタスーパーワン……若干、出負けしたのもあるが、今までに比べると位置取りは少し後方。ただ、うまく内に潜り込めた。直線は狭いところをこじ開けてグイッと抜け出す。着差以上の強さだった。

前へ

上へ