2013年6月22日 (当日の馬場情報)

1回函館3日目

2

サラ3歳

[指定],未勝利

(芝A・右)

晴・良

  1. 460万
  2. 180万
  3. 120万
  4. 69万
  5. 46万

レコード1.08.0

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

4

7 ヒラボクロマンス 牝3 54 古川吉 1.09.3
    ****
* * 35.0 9 18.7 488 +2 土田
2 *

3

6 セイウンヒマワリ 牝3 54 柴山 1.09.5 1 1/2
    ****
* * 34.7 7 16.0 386 -4 田所秀
3 *

2

4 ラブジョーイ 牝3 54 伊藤工 1.09.6 1/2
    ****
* * 35.0 8 17.3 430 +6 星野
4 *

7

14 ニシノニカ 牝3 54 勝浦 1.09.6 クビ
    ****
* * 34.7 1 3.3 474 +2 鈴木伸
5 *

6

12 プライマリーカラー 牝3 51 横山和 1.09.8 1 1/4
    ****
* * 34.4 2 3.5 418 +10 松永幹
6 *

1

2 グロリエッテ 牝3 54 松田 1.09.9 1/2
    ****
* * 35.0 10 18.9 462 +10 松永昌
7 *

4

8 ハッピーシーショア 牝3 54 木幡広 1.10.0 3/4
    ****
* * 35.5 4 11.1 444 -4 栗田徹
8 *

1

1 サブラタ 牝3 54 津村 1.10.1 クビ
    ****
* * 35.9 5 12.4 430 +12 手塚
9 *

5

9 タマモミツマメ 牝3 54 吉田隼 1.10.1 クビ
    ****
* * 35.0 12 62.4 420 +2 藤岡健
10 *

5

10 プリンセスオリーブ 牝3 51 1.10.3 1 1/4
    ****
* * 34.5 16 190.6 444 -14 伊藤伸
11 *

6

11 ウインドエーデル 牡3 54 菱田 1.10.4 3/4
    ****
* * 35.8 3 7.4 460 -4 鈴木孝
12 *

3

5 ワールドリーヴァ 牡3 56 川須 1.10.4 ハナ
    ****
* * 34.5 6 15.9 412 -16 矢作
13 *

8

15 カンタベリーリュウ 牡3 56 1.10.5 1/2
    ****
* * 35.2 11 39.9 494 +6 石栗
14 *

8

16 メイショウヒビキ 牝3 51 城戸 1.10.7 1 1/2
    ****
* * 34.9 15 173.6 378 -2 飯田明
15 *

7

13 ハイランドコンドル 牝3 54 田中博 1.11.3 3 1/2
    ****
* * 35.7 14 152.6 406 +8 二本柳
16 *

2

3 デルマザシキワラシ 牝3 54 田中勝 1.11.8 3
    ****
* * 36.5 13 105.9 426 -2 新開

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.2 45.6 57.0
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.3 10.7 11.2 11.4 11.4 12.3
払戻金
単勝

7

1,870円

馬単

7-6

26,500円

複勝

7

6

4

590円

570円

470円

ワイド

6-7

4-7

4-6

3,570円

2,750円

1,800円

枠連

3-4

2,360円

3連複

4-6-7

32,480円

馬連

6-7

13,040円

3連単

7-6-4

261,340円

勝因敗因

ヒラボクロマンス(1着)古川吉騎手 馬がやめてしまわないように心掛けていたが、うまく脚をタメられたし、ペースも遅かったので、ハミを噛んでいるうちにそのまま行かせた。リズム良く運べたし、芝も合っているね。

次走へのメモ

ヒラボクロマンス……チークピーシズ。手綱を抑えたまま前に行くスピードがある。2番手の外を余裕十分に追走。引っ張り切れない手応えで4角手前で先頭に立つと、そのまま勢いは衰えず後続を離して楽勝。芝は2回目だったが、今日の結果を見るとダートより適性はありそう。

前へ

次へ

上へ