2020年10月25日 (当日の馬場情報)

4回京都6日目WIN5 

11

第81回 菊花賞(GI)

(指定),牡・牝,3歳,オープン,国際,馬齢

(芝A・右外)

晴・良

  1. 12000万
  2. 4800万
  3. 3000万
  4. 1800万
  5. 1200万

レコード3.01.0

推定タイム

*.**.*

**

PHOTOパドック

  • 全馬を表示
  • ガロアクリーク

ガロアクリーク

解説

牡3歳、鹿毛、美浦・上原厩舎(10月14日撮影)  姿勢の分はあるにしても、後肢の充実ぶりには目を見張らされる。父の血が出た感もあるが、充実一途。

キンシャサノキセキAUS

Kinshasa no Kiseki

鹿毛 2003

フジキセキ

サンデーサイレンスUSA

ミルレーサーUSA

ケルトシャーンUSA

Pleasant Colony

Featherhill

ゴールドレリックUSA

Gold Relic

鹿毛 2001

Kingmambo

Mr.Prospector

Miesque

Gold Bust

Nashwan

Riviere d'Or

今回 牡3歳、鹿毛、美浦北・上原厩舎

セントライト記念(2020年9月21日)出走前

ガロアクリーク

解説

牡3歳、鹿毛、美浦・上原厩舎(10月14日撮影)  姿勢の分はあるにしても、後肢の充実ぶりには目を見張らされる。父の血が出た感もあるが、充実一途。

キンシャサノキセキAUS

Kinshasa no Kiseki

鹿毛 2003

フジキセキ

サンデーサイレンスUSA

ミルレーサーUSA

ケルトシャーンUSA

Pleasant Colony

Featherhill

ゴールドレリックUSA

Gold Relic

鹿毛 2001

Kingmambo

Mr.Prospector

Miesque

Gold Bust

Nashwan

Riviere d'Or

今回 牡3歳、鹿毛、美浦北・上原厩舎

セントライト記念(2020年9月21日)出走前

コントレイル

解説

牡3歳、青鹿毛、栗東・矢作厩舎(10月14日撮影)  ひと叩きされて、馬体が研ぎ澄まされてきた。ダービー時の雰囲気と酷似しており、万全の態勢で臨める。

ディープインパクト

Deep Impact

鹿毛 2002

サンデーサイレンスUSA

Halo

Wishing Well

ウインドインハーヘアIRE

Alzao

Burghclere

ロードクロサイトUSA

Rhodochrosite

芦毛 2010

Unbridled's Song

Unbridled

Trolley Song

Folklore

Tiznow

Contrive

今回 牡3歳、青鹿毛、栗東・矢作厩舎

神戸新聞杯(2020年9月27日)出走前

サトノインプレッサ

解説

牡3歳、黒鹿毛、栗東・矢作厩舎(10月14日撮影)  体が絞れ、前回よりもスラリとして映る。これなら距離は大丈夫そう。中1週だが疲れよりも上積みを期待。

ディープインパクト

Deep Impact

鹿毛 2002

サンデーサイレンスUSA

Halo

Wishing Well

ウインドインハーヘアIRE

Alzao

Burghclere

サプレザUSA

Sahpresa

鹿毛 2005

Sahm

Mr.Prospector

Salsabil

Sorpresa

Pleasant Tap

Dubiously

今回 牡3歳、黒鹿毛、栗東・矢作厩舎

毎日王冠(2020年10月11日)出走前

ヴェルトライゼンデ

解説

牡3歳、黒鹿毛、栗東・池江寿厩舎(10月14日撮影)  肌艶が抜群で、筋肉の張りも上々。体形的にステイヤーという印象は薄いものの、体調に関しては文句なし。

ドリームジャーニー

Dream Journey

鹿毛 2004

ステイゴールド

サンデーサイレンスUSA

ゴールデンサッシュ

オリエンタルアート

メジロマックイーン

エレクトロアート

マンデラGER

Mandela

栗毛 2000

Acatenango

Surumu

Aggravate

Mandellicht

Be My Guest

Mandelauge

今回 牡3歳、黒鹿毛、栗東・池江寿厩舎

神戸新聞杯(2020年9月27日)出走前

ダノングロワール

解説

牡3歳、栗毛、美浦・国枝厩舎(10月14日撮影)  骨太で筋肉もガッシリ。父よりアメリカ血統の母方の血が強く出たか。ピカピカの毛ヅヤでデキは抜群。

ハーツクライ

Heart's Cry

鹿毛 2001

サンデーサイレンスUSA

Halo

Wishing Well

アイリッシュダンス

トニービンIRE

ビューパーダンスUSA

ソーメニーウェイズUSA

So Many Ways

鹿毛 2010

Sightseeing

Pulpit

Resort

Happy Scene

デヒアUSA

リアリーハッピーUSA

今回 牡3歳、栗毛、美浦北・国枝厩舎

ディープボンド

解説

牡3歳、青鹿毛、栗東・大久保龍厩舎(10月14日撮影)  一段と実が詰まって3歳馬らしからぬ威圧感。短胴で重心も低く距離克服は課題だが、引き続き気配良好。

キズナ

Kizuna

青鹿毛 2010

ディープインパクト

サンデーサイレンスUSA

ウインドインハーヘアIRE

キャットクイルCAN

Storm Cat

Pacific Princess

ゼフィランサス

Zephyranthes

青毛 2008

キングヘイロー

ダンシングブレーヴUSA

グッバイヘイローUSA

モガミヒメ

カコイーシーズUSA

モガミポイント

今回 牡3歳、青鹿毛、栗東・大久龍厩舎

神戸新聞杯(2020年9月27日)出走前

アリストテレス

解説

牡3歳、鹿毛、栗東・音無厩舎(10月14日撮影)  尾毛が長くピカピカの肌艶で品がある。アバラが見えて研ぎ澄まされたビジュアル。落ち着きも出ている。

エピファネイア

Epiphaneia

鹿毛 2010

シンボリクリスエスUSA

Kris S.

Tee Kay

シーザリオ

スペシャルウィーク

キロフプリミエールGB

ブルーダイアモンド

Blue Diamond

黒鹿毛 2011

ディープインパクト

サンデーサイレンスUSA

ウインドインハーヘアIRE

グレースアドマイヤ

トニービンIRE

バレークイーンIRE

今回 牡3歳、鹿毛、栗東・音無厩舎

サトノフラッグ

解説

牡3歳、鹿毛、美浦・国枝厩舎(10月14日撮影)  前走より立派に映るが、これは光線の影響かも。ガラッと良くなった感じこそないが、実に力強い立ち姿。

ディープインパクト

Deep Impact

鹿毛 2002

サンデーサイレンスUSA

Halo

Wishing Well

ウインドインハーヘアIRE

Alzao

Burghclere

バラダセールARG

Balada Sale

鹿毛 2008

Not for Sale

Parade Marshal

Love for Sale

La Balada

Confidential Talk

La Baraca

今回 牡3歳、鹿毛、美浦北・国枝厩舎

セントライト記念(2020年9月21日)出走前

バビット

解説

牡3歳、栗毛、栗東・浜田厩舎(10月14日撮影)  更に締まって長距離仕様。意外に胴も長めに見え、適性は感じさせる。肌も尾毛も輝き、体調も良さそうだ。

ナカヤマフェスタ

Nakayama Festa

鹿毛 2006

ステイゴールド

サンデーサイレンスUSA

ゴールデンサッシュ

ディアウィンク

タイトスポットUSA

セイレイ

アートリョウコ

Art Ryoko

栗毛 2011

タイキシャトルUSA

Devil's Bag

ウェルシュマフィンIRE

グランスオークスUSA

Nureyev

Dry Fly

今回 牡3歳、栗毛、栗東・浜田厩舎

セントライト記念(2020年9月21日)出走前

ロバートソンキー

解説

牡3歳、鹿毛、美浦・林厩舎(10月14日撮影)  キャリアが浅く、若々しさ溢れる立ち姿。胸前の筋肉が素晴らしく、バランスの良さもひと際目を引く。

ルーラーシップ

Rulership

鹿毛 2007

キングカメハメハ

Kingmambo

マンファスIRE

エアグルーヴ

トニービンIRE

ダイナカール

トウカイメガミ

Tokai Megami

鹿毛 2003

サンデーサイレンスUSA

Halo

Wishing Well

トウカイテネシー

シンボリルドルフ

トウカイナチュラル

今回 牡3歳、鹿毛、美浦南・林厩舎

ヴァルコス

解説

牡3歳、鹿毛、栗東・友道厩舎(10月14日撮影)  胴長でステイヤーのアウトライン。筋肉の凹凸がくっきりして、小さめで立ち気味の爪。道悪も大丈夫だろう。

ノヴェリストIRE

Novellist

黒鹿毛 2009

Monsun

Konigsstuhl

Mosella

Night Lagoon

Lagunas

Nenuphar

ランズエッジ

Land's Edge

鹿毛 2006

ダンスインザダーク

サンデーサイレンスUSA

ダンシングキイUSA

ウインドインハーヘアIRE

Alzao

Burghclere

今回 牡3歳、鹿毛、栗東・友道厩舎

セントライト記念(2020年9月21日)出走前

ブラックホール

解説

牡3歳、黒鹿毛、美浦・相沢厩舎(10月14日撮影)  輪郭がはっきりとして、成長しているのは間違いない。少し立派かもしれないが、毛ヅヤは良くて好気配。

ゴールドシップ

Gold Ship

芦毛 2009

ステイゴールド

サンデーサイレンスUSA

ゴールデンサッシュ

ポイントフラッグ

メジロマックイーン

パストラリズム

ヴィーヴァブーケ

Viva Bouquet

青鹿毛 2006

キングカメハメハ

Kingmambo

マンファスIRE

ブルーリッジリバー

フジキセキ

スカーレットブルー

今回 牡3歳、黒鹿毛、美浦南・相沢厩舎

札幌記念(2020年8月23日)出走前

上へ