2019年2月17日

1回東京8日目WIN5 

11

第36回 フェブラリーステークス(GI)

(指定),国際,4歳以上,オープン,定量

(ダート・左)

晴・良

  1. 10000万
  2. 4000万
  3. 2500万
  4. 1500万
  5. 1000万

レコード1.33.8

推定タイム

*.**.*

**

PHOTOパドック

  • 全馬を表示
  • クインズサターン

クインズサターン

解説

牡6歳、芦毛、栗東・野中厩舎(2月6日撮影)  割とまとまった骨格で重心も低く、馬体からはマイル前後が最適かも。毛色のせいか太く映るが、好走時の姿と変わりはない。張りを保ち、使い詰めのダメージも窺えず、好調維持だろう。

パイロUSA

Pyro

黒鹿毛 2005

Pulpit

A.P.Indy

Preach

Wild Vision

Wild Again

Carol's Wonder

ケイアイベローナ

Keiai Bellona

芦毛 2003

クロフネUSA

フレンチデピュティUSA

ブルーアヴェニューUSA

レディベローナ

サンデーサイレンスUSA

シンコウラブリイIRE

今回 牡6歳、芦毛、栗東・野中厩舎

東海S(2019年1月20日)出走前

クインズサターン

解説

牡6歳、芦毛、栗東・野中厩舎(2月6日撮影)  割とまとまった骨格で重心も低く、馬体からはマイル前後が最適かも。毛色のせいか太く映るが、好走時の姿と変わりはない。張りを保ち、使い詰めのダメージも窺えず、好調維持だろう。

パイロUSA

Pyro

黒鹿毛 2005

Pulpit

A.P.Indy

Preach

Wild Vision

Wild Again

Carol's Wonder

ケイアイベローナ

Keiai Bellona

芦毛 2003

クロフネUSA

フレンチデピュティUSA

ブルーアヴェニューUSA

レディベローナ

サンデーサイレンスUSA

シンコウラブリイIRE

今回 牡6歳、芦毛、栗東・野中厩舎

東海S(2019年1月20日)出走前

ユラノト

解説

牡5歳、栗毛、栗東・松田国厩舎(2月7日撮影)  根岸Sからは中2週。にもかかわらず、馬体には随分と厚みが加わっており、前回よりも数段パワフルに映る。それでいながら皮膚は薄く、張りも申し分ない。ピークのデキと言えそうだ。

キングカメハメハ

King Kamehameha

鹿毛 2001

Kingmambo

Mr.Prospector

Miesque

マンファスIRE

ラストタイクーンIRE

Pilot Bird

コイウタ

Koiuta

栃栗毛 2003

フジキセキ

サンデーサイレンスUSA

ミルレーサーUSA

ヴァイオレットラブ

ドクターデヴィアスIRE

ヴァインゴールドUSA

今回 牡5歳、栗毛、栗東・松田国厩舎

根岸S(2019年1月27日)出走前

ゴールドドリーム

解説

牡6歳、鹿毛、栗東・平田厩舎(2月7日撮影)  均整がとれており、ダート巧者にしてはシャープな馬体。迫力という点では、昨年の方がやや上回っていたようにも感じる。11キロ減の前走でも2着に好走したが、少し増えた方がいいかも。

ゴールドアリュール

Gold Allure

栗毛 1999

サンデーサイレンスUSA

Halo

Wishing Well

ニキーヤUSA

Nureyev

Reluctant Guest

モンヴェール

Mon Vert

鹿毛 2003

フレンチデピュティUSA

Deputy Minister

Mitterand

スペシャルジェイドUSA

Cox's Ridge

Statistic

今回 牡6歳、鹿毛、栗東・平田厩舎

チャンピオンズC(2018年12月2日)出走前

サクセスエナジー

解説

牡5歳、黒鹿毛、栗東・北出厩舎(2月6日撮影)  肩周辺が著しく隆起して首も太く短い。基本的には短いところがいいだろうが、マイルなら守備範囲。引き続き張りや毛ヅヤは良く、気配は良好。厚みのある蹄で乾いた馬場が得意そう。

キンシャサノキセキAUS

Kinshasa no Kiseki

鹿毛 2003

フジキセキ

サンデーサイレンスUSA

ミルレーサーUSA

ケルトシャーンUSA

Pleasant Colony

Featherhill

サクセスアイニー

Success Ai Ni

鹿毛 2007

ジャングルポケット

トニービンIRE

ダンスチャーマーUSA

アワーミスレッグスUSA

Deputy Minister

Colonial Waters

今回 牡5歳、黒鹿毛、栗東・北出厩舎

プロキオンS(2018年7月8日)出走前

インティ

解説

牡5歳、栗毛、栗東・野中厩舎(2月6日撮影)  爪は立っているが、繋は長く姿勢に硬さがない。筋肉も柔軟でピカピカの肌艶。前走時より表情もリラックスしているのがいい。前後のバランスも素晴らしく、GⅠ制覇に向けて万全。

ケイムホームUSA

Came Home

黒鹿毛 1999

Gone West

Mr.Prospector

Secrettame

Nice Assay

Clever Trick

インフルヴューUSA

キティ

Kitty

鹿毛 2006

Northern Afleet

アフリートCAN

Nuryette

フォレストキティUSA

Forestry

Haleakala

今回 牡5歳、栗毛、栗東・野中厩舎

東海S(2019年1月20日)出走前

サンライズノヴァ

解説

牡5歳、栗毛、栗東・音無厩舎(2月6日撮影)  腹構えに少しゆとりがあるが、これは体形的なものだろう。臀部は丸みタップリで、ダート巧者らしい力強さが漲っている。胴長の体形ということを考えると、1ハロンの距離延長はプラスに。

ゴールドアリュール

Gold Allure

栗毛 1999

サンデーサイレンスUSA

Halo

Wishing Well

ニキーヤUSA

Nureyev

Reluctant Guest

ブライトサファイヤ

Bright Sapphire

栗毛 2000

サンダーガルチUSA

Gulch

Line of Thunder

リアルサファイヤ

リアルシャダイUSA

ワールドサファイヤ

今回 牡5歳、栗毛、栗東・音無厩舎

根岸S(2019年1月27日)出走前

モーニン

解説

牡7歳、栗毛、栗東・石坂正厩舎(2月6日撮影)  冬場の大型馬でもアバラが薄く浮き、スカッとしたボディラインを維持。四肢の迫力なども勝った3年前と遜色ない。短く、立ち気味の繋をしており、力を要するダートが適していそうだ。

ヘニーヒューズUSA

Henny Hughes

栗毛 2003

ヘネシーUSA

Storm Cat

Island Kitty

Meadow Flyer

Meadowlake

Shortley

ギグリー

Giggly

黒鹿毛 2005

Distorted Humor

フォーティナイナーUSA

Danzig's Beauty

Chaste

Cozzene

Purity

今回 牡7歳、栗毛、栗東・石坂正厩舎

根岸S(2019年1月27日)出走前

ワンダーリーデル

解説

牡6歳、鹿毛、栗東・沖厩舎(2月7日撮影)  ゆっくり力をつけて当欄初登場。張り出した胸前や肩周辺の隆起、トモの張り、どれを取ってもここでそう見劣りしない。まとまった骨格なので、今回は更なる距離延長が鍵となりそう。

スタチューオブリバティUSA

Statue of Liberty

黒鹿毛 2000

Storm Cat

Storm Bird

Terlingua

Charming Lassie

Seattle Slew

Lassie Dear

アストレアピース

Astrea Peace

栗毛 2005

マヤノトップガン

ブライアンズタイムUSA

アルプミープリーズUSA

オカノスピカ

コマンダーインチーフGB

ミスマルコチャン

今回 牡6歳、鹿毛、栗東・沖厩舎

サンライズソア

解説

牡5歳、青鹿毛、栗東・河内厩舎(2月6日撮影)  いつものように若干頭が高いが、骨格がしっかりして筋肉が柔らかそう。馬体減りがなくなり、ひと回りパワーアップしたし、皮膚に張りがある。イレ込みもなく好調維持。

シンボリクリスエスUSA

Symboli Kris S

黒鹿毛 1999

Kris S.

Roberto

Sharp Queen

Tee Kay

Gold Meridian

Tri Argo

アメーリア

Amelia

青鹿毛 2003

スペシャルウィーク

サンデーサイレンスUSA

キャンペンガール

ビハインドザマスク

ホワイトマズルGB

ヴァインゴールドUSA

今回 牡5歳、青鹿毛、栗東・河内厩舎

チャンピオンズC(2018年12月2日)出走前

コパノキッキング

解説

せん4歳、黒鹿毛、栗東・村山厩舎(2月6日撮影)  競馬場ではテンションが高く、二人引きだが、普段から気の強い馬。胴の長さや腹回りのラインから肉体的には距離延長は大丈夫。球関節も柔らかく、実戦で折り合うならチャンス十分。

スプリング アト ラスト

Spring At Last

黒鹿毛 2003

Silver Deputy

Deputy Minister

Silver Valley

Winter's Gone

Dynaformer

Stark Winter

セラドン

Celadon

黒鹿毛 2007

ゴールドヘイロー

サンデーサイレンスUSA

ニアーザゴールドUSA

シャルナIRE

Darshaan

Chalon

今回 セン4歳、黒鹿毛、栗東・村山厩舎

根岸S(2019年1月27日)出走前

ノンコノユメ

解説

せん7歳、栃栗毛、美浦・加藤征厩舎(2月7日撮影)  ひと息入ったとは思えないスッキリした馬体で、昨年より体の輪郭がハッキリとしてきた。年齢を感じさせないほどの毛ヅヤの良さで、活気も十分。丹念に乗り込まれて、態勢は整ったか。

トワイニングUSA

Twining

栗毛 1991

フォーティナイナーUSA

Mr.Prospector

File

Courtly Dee

Never Bend

Tulle

ノンコ

Nonko

栗毛 2003

アグネスタキオン

サンデーサイレンスUSA

アグネスフローラ

レディータイクーン

クリミナルタイプUSA

ビューパーダンスUSA

今回 セン7歳、栃栗毛、美浦北・加藤征厩舎

チャンピオンズC(2018年12月2日)出走前

オメガパフューム

解説

牡4歳、芦毛、栗東・安田翔厩舎(2月7日撮影)  スッキリとした馬体。一見、芝馬に映るくらいだが、短くて立った繋にダート適性の高さを感じる。まだ明け4歳。この先、実が入ってパワーアップすれば、とんでもない馬になりそう。

スウェプトオーヴァーボードUSA

Swept Overboard

芦毛 1997

エンドスウィープUSA

フォーティナイナーUSA

Broom Dance

Sheer Ice

Cutlass

Hey Dolly A.

オメガフレグランス

Omega Fragrance

鹿毛 2007

ゴールドアリュール

サンデーサイレンスUSA

ニキーヤUSA

ビューティーメイク

リアルシャダイUSA

セイリングビューティFR

今回 牡4歳、芦毛、栗東・安田翔厩舎

チャンピオンズC(2018年12月2日)出走前

上へ