2018年8月12日 (当日の馬場情報)

1回札幌6日目WIN5 

11

第23回 エルムステークス(GIII)

(指定),国際,3歳以上,オープン,別定

(ダート・右)

曇・重

  1. 3600万
  2. 1400万
  3. 900万
  4. 540万
  5. 360万

レコード1.40.9

推定タイム

*.**.*

**

PHOTOパドック

  • 全馬を表示
  • ドリームキラリ

ドリームキラリ

解説

牡6歳、青毛、栗東・矢作厩舎(8月2日撮影・札幌) 徐々に馬体が減ってきている現状だが、腹構えがシャープになっており、これくらいでちょうどいい。四肢が短めでベスト距離は1400mあたりかもしれないが、小回り1700mなら守備範囲。

ジャイアンツ コーズウェイ

Giant's Causeway

栗毛 1997

Storm Cat

Storm Bird

Terlingua

Mariah's Storm

Rahy

イメンスUSA

トルーアント

Truant

黒鹿毛 2005

Gone West

Mr.Prospector

Secrettame

Korveya

Riverman

Konafa

今回 牡6歳、青毛、栗東・矢作厩舎

プロキオンS(2018年7月8日)出走前

ドリームキラリ

解説

牡6歳、青毛、栗東・矢作厩舎(8月2日撮影・札幌) 徐々に馬体が減ってきている現状だが、腹構えがシャープになっており、これくらいでちょうどいい。四肢が短めでベスト距離は1400mあたりかもしれないが、小回り1700mなら守備範囲。

ジャイアンツ コーズウェイ

Giant's Causeway

栗毛 1997

Storm Cat

Storm Bird

Terlingua

Mariah's Storm

Rahy

イメンスUSA

トルーアント

Truant

黒鹿毛 2005

Gone West

Mr.Prospector

Secrettame

Korveya

Riverman

Konafa

今回 牡6歳、青毛、栗東・矢作厩舎

プロキオンS(2018年7月8日)出走前

ミツバ

解説

牡6歳、鹿毛、栗東・加用厩舎(8月1日撮影・函館) 毛ヅヤがいいし、ガッチリと実も詰まっており、数字以上に体を大きく見せている。体調面の不安はないが、胴が長目の体形で、広いコースの長い距離がベター。今回は小回り1700mが鍵。

カネヒキリ

Kane Hekili

栗毛 2002

フジキセキ

サンデーサイレンスUSA

ミルレーサーUSA

ライフアウトゼアUSA

Deputy Minister

Silver Valley

セントクリスマス

Saint Christmas

鹿毛 2001

コマンダーインチーフGB

ダンシングブレーヴUSA

Slightly Dangerous

ゴールデンジャック

アフリートCAN

コマーズCAN

今回 牡6歳、鹿毛、栗東・加用厩舎

チャンピオンズC(2017年12月3日)出走前

アンジュデジール

解説

牝4歳、黒鹿毛、栗東・昆厩舎(8月1日撮影・函館) 4月以来の実戦。時計を出した本数は多くないが、体は無駄なくできているし、動きにも重苦しさはなし。繋は立っているが、馬力型という印象はあまりなく、脚抜きのいいダートも得意。

ディープインパクト

Deep Impact

鹿毛 2002

サンデーサイレンスUSA

Halo

Wishing Well

ウインドインハーヘアIRE

Alzao

Burghclere

ティックルピンク

Tickle Pink

栗毛 2006

フレンチデピュティUSA

Deputy Minister

Mitterand

ブラッシングプリンセスUSA

Crafty Prospector

Princess Laika

今回 牝4歳、黒鹿毛、栗東・昆厩舎

アルタイル

解説

牡6歳、栗毛、美浦・手塚厩舎(8月1日撮影・函館) もう少し張りが良くなってくれば文句なしだが、久々でも太目感は見られない。立った繋はいかにもダート巧者といった感。重心が低く、立ち姿も力強い。全体的にはマズマズの雰囲気。

カネヒキリ

Kane Hekili

栗毛 2002

フジキセキ

サンデーサイレンスUSA

ミルレーサーUSA

ライフアウトゼアUSA

Deputy Minister

Silver Valley

トップオブドーラUSA

Top of Dora

鹿毛 2004

Grand Slam

Gone West

Bright Candles

Maltese Dianne

スピニングワールドUSA

Lavish Gift

今回 牡6歳、栗毛、美浦北・手塚厩舎

レパードS(2015年8月9日)出走前

ハイランドピーク

解説

牡4歳、青鹿毛、美浦・土田厩舎(8月1日撮影・函館) アバラもうっすらと浮き上がっており、まったく無駄のない体つき。それほど馬格がある方ではなく、バリバリのパワータイプには映らないが、短めで立った繋を見るとダート巧者の印象。

トーセンブライト

Tosen Bright

鹿毛 2001

ブライアンズタイムUSA

Roberto

Kelley's Day

アサヒブライト

ジェイドロバリーUSA

コスモローマン

ハイランドダンス

Highland Dance

青毛 2008

ゼンノロブロイ

サンデーサイレンスUSA

ローミンレイチェルUSA

ルカダンス

ヘクタープロテクターUSA

ダンスダンスダンス

今回 牡4歳、青鹿毛、美浦北・土田厩舎

ロンドンタウン

解説

牡5歳、鹿毛、栗東・牧田厩舎(7月31日撮影・函館) 胴が伸び、ゆったりとした体形になってきただけに、今なら距離はもう少しあってもいいかも。ただ、いくらか余裕残しではあるものの、毛ヅヤがピカピカ。久々でもいい体調で臨めそう。

カネヒキリ

Kane Hekili

栗毛 2002

フジキセキ

サンデーサイレンスUSA

ミルレーサーUSA

ライフアウトゼアUSA

Deputy Minister

Silver Valley

フェアリーバニヤン

Fairy Banyan

青鹿毛 2003

Honour and Glory

Relaunch

Fair to All

キャタラクトUSA

Storm Cat

Queen Tutta

今回 牡5歳、鹿毛、栗東・牧田厩舎

フェブラリーS(2018年2月18日)出走前

モルトベーネ

解説

牡6歳、栗毛、栗東・松永昌厩舎(8月1日撮影・栗東) うっすらとアバラが浮き、冬場よりも明らかにシェイプアップされた体つき。毛ヅヤも冴えている。胴体も手足も長く、久々の小回りコースがどうかだが、休養明けでも気配は申し分ない。

ディープスカイ

Deep Sky

栗毛 2005

アグネスタキオン

サンデーサイレンスUSA

アグネスフローラ

アビGB

Chief's Crown

Carmelized

ノーブルエターナル

Noble Eternal

栗毛 1996

アフリートCAN

Mr.Prospector

Polite Lady

クイーンズメモリー

ディクタスFR

オンワードウイッチ

今回 牡6歳、栗毛、栗東・松永昌厩舎

東海S(2018年1月21日)出走前

上へ