2018年4月15日 (当日の馬場情報)

3回中山8日目

9

鹿野山特別

[指定],(混),1000万下,ハンデ

(芝B・右内)

曇・稍重

  1. 1500万
  2. 600万
  3. 380万
  4. 230万
  5. 150万

レコード1.57.8

推定タイム

*.**.*

**

厩舎の話



馬 名 性齢  騎手  厩舎の話

1

1サブライムカイザー牡6大野

○サブライムカイザー(天気が鍵)  池上和師――前走は勝負どころでスムーズさを欠いてしまった。中間も変わりなく、デキはいい意味で平行線。適度に時計を要すくらいの馬場は合うのだが、ぬかるむほどの道悪になってしまうと良くない。天気や馬場がひとつ鍵になる。

2

2サンシロウ牡4内田博

○サンシロウ(体が絞れて)  柄崎師――前走は意識的に絞ったわけではなく、暖かくなって体が絞れてきただけ。昨年もこの時期から調子を上げてきた馬だからね。

3

3ロードプレミアム牡5三浦

○ロードプレミアム(前で運んで)  斎藤誠師――ダートの走りも悪くないが、一連の結果から芝に戻します。前、前で運んで、決め手不足を補えるような形に持ち込みたい。

上へ