2020年9月21日 (当日の馬場情報)

4回中山5日目WIN5 

11

第74回 セントライト記念(GII)

(指定),国際,3歳,オープン,馬齢

(菊花賞TR,3着まで優先出走権)

(芝B・右外)

晴・良

  1. 5400万
  2. 2200万
  3. 1400万
  4. 810万
  5. 540万

レコード2.10.1

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 ピースディオン

 ピースディオン(2着)池添騎手 上手に競馬をしてくれました。逃げ馬を途中から追いかけていったのですが、あちらにはスイスイと行かれてしまいました。よく頑張ってくれていますし、昇級戦でもこの馬の力は見せてくれました。

ピースディオン……3番手追走。押して押して3~4角で2番手に上がって直線に向いたが、勝ち馬はかなり前で楽な感じ。差が詰まらなかったものの、後続には抜かさせず2着は確保。

2

2 ラインハイト

 ラインハイト(1着)北村友騎手 前走1800メートルで勝った時に、道中フワッと抜けるところがあったので、距離は延びても大丈夫だと思っていました。ゆったりしたペースだったし、スタート後に一瞬、噛むところがあったけど、2角で抜けたし、リズム良く運べていました。ラストまで渋太く脚を使ってくれましたね。

ラインハイト……マイナス8キロ。絞れる。ボンベールにハナを譲り、2番手を余裕を持って追走。1ハロン標手前でそれを交わして先頭に立ち、危なげなく押し切った。グングン良くなっている。

3

3 マイネルソラス

 マイネルソラス(1着)丹内騎手 距離を延ばしていきたいので、無理せず折り合いに専念しました。勝負どころから早めに動いていって、いい勝ち方ができました。

マイネルソラス……気配良好。後方3番手。向正面半ばから徐々に位置を上げ、勝負どころは外を回りながらも4角のコーナリングで一気に先頭へ。終いまでスピードは衰えず、ダノンセレスタに差を詰めさせなかった。

上へ