2018年8月12日 (当日の馬場情報)

1回札幌6日目

12

大雪ハンデキャップ

[指定],(混),3歳以上,1000万円以下,ハンデ

(ダート・右)

曇・重

  1. 1500万
  2. 600万
  3. 380万
  4. 230万
  5. 150万

レコード1.40.9

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 クインズヌーサ

 クインズヌーサ(1着)藤懸騎手 中1週続きでしたが、厩舎がうまく調整してくれました。馬の状態が良かったのが一番の勝因です。勝負どころで外から競りかけられてしまい、3頭併せの真ん中で厳しい形でしたが、勝負根性のあるところを見せてくれました。番手で競馬ができたのは収穫ですし、まだ4歳なので更なる成長が期待できると思います。お世話になっている平田厩舎の通算300勝目を勝つことができて良かったです。

クインズヌーサ……押して押して2番手。3~4角中間、ジュブリーユの進出に合わせて動いていって先頭3頭横並びの真ん中。手応えは決して良くなかったが、追い比べで渋太く脚を使って、最後の最後で交わし切った。

2

2 キープシークレット

 キープシークレット(1着)黛騎手 いい馬だと思っていましたからね。ちょっと気の悪さがあるようで促しながらでしたが、枠も良く、ハナへ。2番手の馬に突つかれましたが、最後まで辛抱してくれましたね。心臓の強い馬ですね。

キープシークレット……久々、20キロ増で馬体回復。押してハナへ。3角から手応えが悪くなったが、その割に止まりそうで止まらず、一杯に逃げ切る。気分良く逃げられたのが良かったということか。実績あるダートに戻して一変。

3

3 メイショウエイコウ

 メイショウエイコウ(2着)蛯名騎手 追いつきそうで追いつかなかった。勝った馬は強かったが、最後までよく走ってくれたよ。

メイショウエイコウ……二人引き。出ムチを入れて先行。2番手で人気のリアンヴェリテをピッタリとマーク。3~4角でも手応えは劣勢だったが、渋太くこれを追い詰めた。これで函館のダート1700メートルでは6戦6連対。もともとこのクラスでも上位争いの経験があり、すぐにチャンス。

上へ