2022年4月30日 (当日の馬場情報)

2回東京3日目

12

4歳以上2勝クラス

(混),定量

(ダート・左)

晴・重

  1. 1110万
  2. 440万
  3. 280万
  4. 170万
  5. 111万

レコード2.06.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

4

6 キスラー 牡6 57 武豊 2.10.2
    ****
* * 34.5 9 18.4 482 -2 池江寿
2

*

6

10 ダノンブレット 牡4 57 内田博 2.10.4 1 1/4
    ****
* * 34.3 8 14.9 512 0 菊沢
3

*

6

9 ディクテオン セン4 57 横山武 2.10.6 1 1/4
    ****
* * 35.4 3 6.3 504 -2 吉岡
4

*

7

12 ショウナンアーチー 牡4 57 岩田望 2.10.7 1/2
    ****
* * 35.5 2 5.1 496 -2 松下
5

*

4

5 シルバーエース 牡5 57 鮫島駿 2.10.7 ハナ
    ****
* * 35.8 6 12.2 462 -4 橋口慎
6

*

3

4 フジマサインパクト 牡4 57 Mデムー 2.11.1 2 1/2
    ****
* * 35.5 4 6.9 422 -10 菊川
7

*

5

7 スズノイナズマ 牡4 57 柴田大 2.11.2 1/2
    ****
* * 35.7 10 100.6 490 0 深山
8

*

3

3 ローズボウル 牡4 57 レーン 2.11.2 クビ
    ****
* * 36.2 1 3.0 512 +14
9

*

5

8 キングサーガ セン5 57 菅原明 2.11.4 3/4
    ****
* * 36.2 5 8.0 470 -16 池江寿
10

*

7

11 メラーキ 牡5 57 横山和 2.11.4 クビ
    ****
* * 36.4 7 14.1 494 +2 稲垣
11

*

8

13 ピースマッチング セン4 57 石川裕 2.11.8 2 1/2
    ****
* * 36.1 13 181.8 458 -12 斎藤誠
12

*

8

14 トップリーチ 牡5 55 永野 2.12.0 1 1/4
    ****
* * 35.8 11 132.5 464 +6 萱野
13

*

2

2 スクリーンプロセス セン4 57 大野 2.12.1 クビ
    ****
* * 36.1 12 177.9 532 -2 中川
14

*

1

1 ダルムシュタット セン5 57 丸田 2.12.1 ハナ
    ****
* * 36.5 14 214.2 470 -6 栗田徹

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
38.1 51.0 1.03.5 1.16.1 1.28.7 1.40.8 1.52.6 2.04.3
ラップタイム
100m 300m 500m 700m 900m 1100m 1300m 1500m 1700m 1900m 2100m
7.1 11.5 13.0 13.0 12.7 12.4 12.7 12.5 11.8 11.7 11.8
払戻金
単勝

6

1,840円

馬単

6-10

25,040円

複勝

6

10

9

430円

360円

300円

ワイド

6-10

6-9

9-10

2,410円

2,330円

1,330円

枠連

4-6

1,940円

3連複

6-9-10

24,370円

馬連

6-10

9,900円

3連単

6-10-9

204,650円

勝因敗因

 キスラー(1着)武豊騎手 乾いたダートだと掛かりがなくてのめってしまうので、金曜日の雨はこの馬にはいいと思っていた。こういう馬場だと走りが全然違う。瞬発力勝負になったこともプラスだったし、今日は状態も良かった。

次走へのメモ

キスラー……位置取りは後方だったが、道中は包まれないように外を回るような感じ。勝負どころの手応えは抜群。直線に向いてから余裕を持って追い出すと、坂を上がってあっさり抜け出してきた。かつてない強い内容。今日の馬場状態がぴったりだったのかもしれない。

11R

上へ