2022年1月30日 (当日の馬場情報)

1回東京2日目 WIN5 

11

第36回 根岸ステークス(GIII)

(指定),国際,4歳以上,オープン,別定

(ダート・左)

曇・良

  1. 4000万
  2. 1600万
  3. 1000万
  4. 600万
  5. 400万

レコード1.21.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

6

11 テイエムサウスダン 牡5 57 岩田康 1.23.1
    ****
* * 35.8 6 11.5 554 +10 飯田雄
2

*

4

7 ヘリオス セン6 56 武豊 1.23.3 1
    ****
* * 36.3 4 6.7 470 +4 寺島
3

*

4

8 タガノビューティー 牡5 56 津村 1.23.4 1/2
    ****
* * 35.4 2 4.7 518 -4 西園正
4

*

3

6 ジャスティン 牡6 57 坂井瑠 1.23.4 クビ
    ****
* * 37.2 12 74.0 504 +14 矢作
5

*

3

5 オメガレインボー 牡6 56 横山和 1.23.5 クビ
    ****
* * 35.9 3 5.3 468 +6 安田翔
6

*

6

12 タイムフライヤー 牡7 56 Mデムー 1.23.7 1 1/4
    ****
* * 36.0 7 13.5 480 +4 橋口慎
7

*

2

3 モジアナフレイバー 牡7 56 真島大 1.23.7 クビ
    ****
* * 36.0 9 20.3 514 0 福永
8

*

2

4 スリーグランド 牡5 56 岩田望 1.23.8 クビ
    ****
* * 36.6 8 18.3 476 -2 高橋忠
9

*

5

9 ソリストサンダー 牡7 57 戸崎 1.23.8 クビ
    ****
* * 36.3 1 3.9 486 +4 高柳大
10

*

8

16 エアアルマス 牡7 57 ルメール 1.23.8 ハナ
    ****
* * 36.4 5 9.4 488 -2 池添学
11

*

8

15 ジャスパープリンス 牡7 56 川田 1.23.9 3/4
    ****
* * 37.2 10 40.3 496
12

*

1

2 レピアーウィット 牡7 57 大野 1.24.2 1 1/2
    ****
* * 36.3 11 62.6 552 -2
13

*

7

13 サクセスエナジー 牡8 58 石川裕 1.24.3 1/2
    ****
* * 36.8 14 143.7 548 +2 北出
14

*

1

1 オーロラテソーロ 牡5 56 秋山真 1.24.7 2 1/2
    ****
* * 36.7 13 83.0 506 +6 畠山吉
15

*

7

14 トップウイナー 牡6 56 横山琉 1.25.0 1 3/4
    ****
* * 38.0 16 302.9 476 -2 鈴木孝
16

*

5

10 リアンヴェリテ 牡8 56 国分恭 1.25.2 1 1/4
    ****
* * 38.5 15 162.9 484 +10 中竹

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
34.4 46.2 58.2 1.10.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.2 11.0 11.2 11.8 12.0 12.2 12.7
払戻金
単勝

11

1,150円

馬単

11-7

7,070円

複勝

11

7

8

390円

270円

190円

ワイド

7-11

8-11

7-8

1,500円

1,080円

740円

枠連

4-6

1,010円

3連複

7-8-11

5,990円

馬連

7-11

3,680円

3連単

11-7-8

34,910円

勝因敗因

 テイエムサウスダン(1着)飯田雄調教師 10キロ増を少し心配しましたが、結果は問題なかったですね。馬込みにもしっかりと対応して結果を出してくれましたし、前走の競馬がしっかりと役立っていたようです。1年前くらいは使うとトモに疲れが残る馬だったのですが、今は筋肉痛も出ませんし、体質面も強化されています。2走前の武蔵野Sでは落鉄もしていましたからね。折り合いひとつでフェブラリーSの条件も克服は可能なのではないでしょうか。

次走へのメモ

テイエムサウスダン……10キロ増554キロは過去最高体重。互角の発馬から中団の内追走。普通なら揉まれる位置だが、周囲に馬が少なく、スムーズに追走できた。4角から少し外へ出して、直線追われるとグイグイと伸び始める。残り100メートルで逃げるジャスティンを捉え、最後は内のヘリオス、外のタガノビューティーを抑えてゴール。冬場のダートでその馬力を生かし切った勝利。

10R

12R

上へ