2020年11月8日 (当日の馬場情報)

5回東京2日目

1

2歳未勝利

[指定]

(ダート・左)

曇・良

  1. 510万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 77万
  5. 51万

レコード1.36.2

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

5

9 グランツアーテム 牡2 55 横山典 1.39.4
    ****
* * 35.4 3 5.9 466 -10 中川
2

*

7

12 ノーリス 牡2 55 嶋田 1.39.6 1 1/4
    ****
* * 36.8 4 10.2 526 +6 手塚
3

*

3

5 エコロドラグーン 牡2 55 戸崎 1.39.9 1 1/2
    ****
* * 37.2 2 2.8 522 -2 尾形和
4

*

2

2 グアドループ 牡2 55 ルメール 1.40.2 1 3/4
    ****
* * 37.2 1 2.0 526 +8 田村
5

*

3

4 トミケンカラバティ 牡2 55 丸山 1.41.0 5
    ****
* * 37.6 9 115.2 450 -2 水野
6

*

8

14 カツノエイトゥ 牡2 55 松岡 1.41.5 3
    ****
* * 38.3 11 329.9 470 0 伊藤伸
7

*

6

11 コトブキポラリス 牝2 54 内田博 1.41.6 1/2
    ****
* * 37.9 8 115.1 498 +4 金成
8

*

2

3 マラドーナ 牡2 55 丹内 1.41.7 3/4
    ****
* * 38.5 12 388.6 466 0 岩戸
9

*

8

15 セブンシャイン 牡2 54 木幡育 1.41.7 アタマ
    ****
* * 38.8 10 319.2 444 +2 本間
10

*

7

13 クリノグリゴロス 牡2 55 江田照 1.41.8 クビ
    ****
* * 38.4 6 78.8 506 -8 星野
11

*

5

8 ブラウンザウバー 牡2 55 野中 1.42.1 2
    ****
* * 38.3 13 412.4 464 +2 小西
12

*

4

6 ラダック 牡2 55 坂井瑠 1.42.2 3/4
    ****
* * 38.7 7 93.9 514 +8 蛯名
13

*

1

1 ゼンダンラット 牡2 55 横山和 1.42.2 ハナ
    ****
* * 38.5 5 66.3 464 +10 藤原辰
14

*

6

10 クレールプリュネル 牝2 54 武士沢 1.42.6 2 1/2
    ****
* * 39.5 14 487.9 462 -4 石栗
15

*

4

7 サンネイプルズ 牡2 55 荻野極 1.42.7 クビ
    ****
* * 39.0 15 517.4 482 +2 伊坂

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
36.1 49.2 1.02.7 1.15.1 1.27.2
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.3 11.3 12.5 13.1 13.5 12.4 12.1 12.2
払戻金
単勝

9

590円

馬単

9-12

3,190円

複勝

9

12

5

240円

240円

110円

ワイド

9-12

5-9

5-12

500円

340円

290円

枠連

5-7

1,990円

3連複

5-9-12

1,370円

馬連

9-12

1,890円

3連単

9-12-5

9,040円

勝因敗因

 グランツアーテム(1着)中川調教師 初戦はダートの1800メートルを除外されて芝を使いましたが、今日の走りを見るとやはりダートの方がいいですね。前半は砂を被って嫌がるところがありましたが、直線で外に出すとしっかりと脚を使ってくれました。能力通りですね。

次走へのメモ

グランツアーテム……すっきり仕上がる。スッと控えて、ポツンと離れた最後方を追走。道中はじっくり構えて脚を温存。4角で大外へ出すと、直線は1頭だけ次元の違う脚で、豪快に先頭を捉えて快勝。レースの上がりを1秒3上回った末脚は秀逸で、ダート適性の高さを示した。

2R

上へ