2020年7月5日 (当日の馬場情報)

4回阪神2日目WIN5 

11

第56回 CBC賞(GIII)

(特指),国際,3歳以上,オープン,ハンデ

(サマースプリントシリーズ第2戦)

(芝B・右内)

晴・稍重

  1. 3900万
  2. 1600万
  3. 980万
  4. 590万
  5. 390万

レコード1.06.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

2

3 ラブカンプー 牝5 51 斎藤 1.08.7
    ****
* * 35.2 13 93.1 442 -2 森田
2

*

3

6 アンヴァル 牝5 54 北村友 1.09.0 1 3/4
    ****
* * 35.2 11 73.1 472 +2 藤岡健
3

*

1

2 レッドアンシェル 牡6 57 福永 1.09.3 2
    ****
* * 35.3 3 7.6 470 -2 庄野
4

*

5

9 タイセイアベニール 牡5 56 松山 1.09.3 ハナ
    ****
* * 34.7 2 4.8 498 0 西村
5

*

3

5 エイシンデネブ 牝5 53 1.09.5 1 1/4
    ****
* * 34.1 10 39.1 430 0 坂口智
6

*

8

15 ノーワン 牝4 53 浜中 1.09.6 1/2
    ****
* * 34.1 12 80.9 486 +2 笹田
7

*

6

11 アウィルアウェイ 牝4 55.5 川田 1.09.6 アタマ
    ****
* * 34.5 6 10.7 468 -12 高野
8

*

2

4 グランドロワ 牡6 55 和田竜 1.09.6 ハナ
    ****
* * 35.3 7 15.4 492 -6 鈴木孝
9

*

8

16 ジョイフル 牡6 56 川又 1.09.7 アタマ
    ****
* * 35.4 9 30.7 512 -8 吉村
10

*

4

8 ロケット 牝5 52 酒井学 1.09.9 1 1/4
    ****
* * 36.0 5 9.7 480 +2 石橋
11

*

7

14 ディメンシオン 牝6 53 松田 1.10.0 1/2
    ****
* * 36.3 8 19.4 452 +2 藤原英
12

*

4

7 クリノガウディー 牡4 58 横山典 1.10.0 クビ
    ****
* * 35.8 1 2.6 492 -2 藤沢則
13

*

1

1 ナインテイルズ 牡9 53 中井 1.10.1 3/4
    ****
* * 35.3 16 278.0 472 -14 長谷川
14

*

7

13 ミッキースピリット 牡4 54 松若 1.10.4 1 1/2
    ****
* * 36.3 4 9.5 490 -2 音無
15

*

6

12 ダイシンバルカン 牡8 52 国分優 1.10.5 1/2
    ****
* * 36.8 15 270.1 504 0 吉田
16

*

5

10 ショウナンアンセム 牡7 56 鮫島駿 1.10.8 1 3/4
    ****
* * 36.5 14 96.7 488 -2 田中剛

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
33.5 44.6 56.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.0 10.7 10.8 11.1 11.7 12.4
払戻金
単勝

3

9,310円

馬単

3-6

294,520円

複勝

3

6

2

1,580円

1,350円

290円

ワイド

3-6

2-3

2-6

22,590円

7,540円

5,050円

枠連

2-3

7,870円

3連複

2-3-6

242,890円

馬連

3-6

138,600円

3連単

3-6-2

2,444,630円

勝因敗因

 ラブカンプー(1着)斎藤騎手 枠と斤量から積極的に運ぼうと思っていました。出てから外に速い馬はいたけど、これなら行けると思ってハナに。こういう馬場だったので引きつけるよりは後ろに脚を使わせようと動いていったけど、馬がそれに応えてくれました。復調してきているなと感じたし、いい時に乗せてもらって感謝です。

次走へのメモ

ラブカンプー……内枠を利してサッとハナへ。3ハロン標から仕掛けられるとリードを広げて、坂の手前では後続を4馬身ほど離していた。ここでもう安全圏。馬場が急速に回復してきて内有利のトラックバイアス。そして51キロの軽ハンデ、揉まれずに運べたことなど、すべてがうまく噛み合ったとはいえ、長い低迷を脱しての復活劇。お見事。

前へ

次へ

上へ