2020年5月10日 (当日の馬場情報)

3回京都6日目

6

3歳1勝クラス

(混)

(ダート・右)

曇・良

  1. 730万
  2. 290万
  3. 180万
  4. 110万
  5. 73万

レコード1.21.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

6

12 アフィラトゥーラ 牡3 56 池添 1.25.3
    ****
* * 38.6 4 9.9 488 -10 森田
2

*

1

2 イバル 牡3 56 小崎 1.25.5 1 1/2
    ****
* * 37.9 3 6.4 490 -2 小崎
3

*

5

9 ダイシンイナリ 牡3 56 国分優 1.25.5 アタマ
    ****
* * 37.8 2 5.6 514 -4 吉田
4

*

3

6 ハクアイブラック 牡3 56 1.25.8 1 3/4
    ****
* * 39.4 1 2.1 516 +4 松永昌
5

*

3

5 ナムラボス 牡3 56 藤岡康 1.26.3 3
    ****
* * 38.5 11 45.7 456 0 羽月
6

*

6

11 フラミンゴフライト 牝3 54 北村宏 1.26.6 1 1/2
    ****
* * 38.5 10 45.4 478 -2 吉村
7

*

8

15 デルマトルマリン 牝3 54 畑端 1.26.6 クビ
    ****
* * 38.3 16 312.9 470 +2 牧田
8

*

7

13 メイショウカムロ 牡3 56 中井 1.26.7 クビ
    ****
* * 38.7 14 90.9 444 -4 荒川
9

*

2

3 ユキノグローリー 牡3 56 川島信 1.26.7 ハナ
    ****
* * 39.9 12 56.9 490 -8 南井
10

*

7

14 カヴァス 牡3 55 西村淳 1.26.8 3/4
    ****
* * 38.5 5 11.0 480 +8 平田
11

*

5

10 ヴィブラント 牡3 56 岡田祥 1.27.0 1 1/4
    ****
* * 39.6 6 16.1 504 0 矢作
12

*

8

16 セントクリーガー 牝3 54 岩崎翼 1.27.3 2
    ****
* * 39.9 7 18.4 480 +2 上村
13

*

4

7 メイショウヒバリ 牝3 51 泉谷 1.27.3 アタマ
    ****
* * 41.0 9 43.6 462 +8 本田
14

*

1

1 メイショウカッサイ 牡3 56 高倉 1.28.2 5
    ****
* * 40.9 8 28.7 450 -8 西浦
15

*

4

8 サウンドサンビーム 牡3 56 竹之下 1.28.2 アタマ
    ****
* * 40.9 15 159.2 478 -2 安達
16

*

2

4 ジョーコレット 牡3 56 田中健 1.28.4 1
    ****
* * 40.6 13 69.3 534 +2 松下

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
34.4 46.3 58.9 1.11.9
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
11.9 10.9 11.6 11.9 12.6 13.0 13.4
払戻金
単勝

12

990円

馬単

12-2

5,490円

複勝

12

2

9

240円

230円

160円

ワイド

2-12

9-12

2-9

740円

720円

480円

枠連

1-6

1,780円

3連複

2-9-12

3,530円

馬連

2-12

2,550円

3連単

12-2-9

26,190円

勝因敗因

 アフィラトゥーラ(1着)池添騎手 ハイペースのなかでも、よくついていくことができました。4角で手応えが怪しくなりましたが、手前を替えてからもうひと伸びしてくれましたからね。

次走へのメモ

アフィラトゥーラ……10キロ減でも太く見えるが、これは体形によるところが大きいか。3番手。前2頭が飛ばしていたが、勝負どころで深追いせず少し我慢。直線では渋太く脚を使って抜け出す。ハイペースを先行しての押し切りで、なかなか強かった。

前へ

次へ

上へ