2020年2月15日 (当日の馬場情報)

1回小倉9日目

3

3歳未勝利

[指定],牝馬

(芝B・右)

曇・良

  1. 510万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 77万
  5. 51万

レコード1.56.9

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

4

6 ラフダイヤモンド 牝3 54 松若 2.03.3
    ****
* * 37.3 3 7.8 446 0 高橋康
2 *

8

13 ヤマカツパトリシア 牝3 52 斎藤 2.03.9 3 1/2
    ****
* * 37.4 6 13.3 434 -10 池添学
3 *

7

11 ラガーヴィーヴ 牝3 54 菱田 2.03.9 ハナ
    ****
* * 37.6 12 106.5 426 +6 池添兼
4 *

4

5 フレッシュスタート 牝3 54 丹内 2.04.0 1/2
    ****
* * 37.8 13 115.6 418 +4 高橋祥
5 *

2

2 ベーリーオクルス 牝3 52 団野 2.04.1 クビ
    ****
* * 38.2 2 3.4 462 -14 橋口慎
6 *

5

7 ジレーネ 牝3 52 藤田菜 2.04.4 2
    ****
* * 37.9 7 14.5 404 -6 高野
7 *

8

14 スマートアリエル 牝3 54 藤岡佑 2.04.6 1 1/4
    ****
* * 38.8 5 10.1 450 -6 角居
8 *

7

12 ルシアンバレエ 牝3 54 太宰 2.04.7 1/2
    ****
* * 38.4 9 27.1 430 0 武英
9 *

6

10 コンカルノー 牝3 54 杉原 2.04.9 1 1/4
    ****
* * 39.2 4 8.1 448 +8 菊川
10 *

5

8 グラッツィエディオ 牝3 54 木幡初 2.05.0 3/4
    ****
* * 38.7 14 199.1 464 -2 戸田
11 *

3

3 アニマフレスカ 牝3 54 横山武 2.05.2 1 1/4
    ****
* * 38.7 1 3.3 444 0 萩原
12 *

1

1 ダノンボヌール 牝3 54 鮫島駿 2.05.2 クビ
    ****
* * 39.6 10 32.8 474 0 村山
13 *

3

4 ウインクランベリー 牝3 54 2.06.8 10
    ****
* * 38.8 11 72.9 404 +2 田中剛
14 *

6

9 カシマホオズキ 牝3 54 柴田大 2.12.7 大差
    ****
* * 45.8 8 14.7 420 +4 加藤士

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
36.2 48.7 1.01.1 1.13.4 1.25.6 1.38.1 1.50.6
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
12.7 11.2 12.3 12.5 12.4 12.3 12.2 12.5 12.5 12.7
払戻金
単勝

6

780円

馬単

6-13

6,490円

複勝

6

13

11

280円

420円

1,950円

ワイド

6-13

6-11

11-13

1,390円

11,010円

16,290円

枠連

4-8

2,180円

3連複

6-11-13

179,960円

馬連

6-13

3,870円

3連単

6-13-11

622,930円

勝因敗因

 ラフダイヤモンド(1着)松若騎手 稽古の雰囲気からいい走りをしていたし、着順以上にいい印象を持っていました。テンに自分から進んでいかないけど、途中からいい走りでした。直線でまだ余裕があってフワフワしていたし、まだ伸びしろがあります。

次走へのメモ

ラフダイヤモンド……仕上がり良好。出負けして、1角まで行きたがっていたこともあって前半は中団から。向正面でスッと動いて、好位までポジションアップ。そこでひと息入れ、4角でまた動いていく。すぐに先頭に立ち、後続を突き放しての快勝だった。休養効果があったようだ。

前へ

次へ

上へ