2019年10月27日 (当日の馬場情報)

4回東京9日目

12

西湖特別

(特指),(混),3歳以上,2勝クラス,定量

(ダート・左)

晴・稍重

  1. 1500万
  2. 600万
  3. 380万
  4. 230万
  5. 150万

レコード1.33.8

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

8

15 ペプチドバンブー 牡4 57 松田 1.36.8
    ****
* * 35.3 5 10.8 506 -6 武英
2

*

3

5 グッバイガール 牝3 53 横山典 1.36.8 アタマ
    ****
* * 36.0 1 3.3 486 -4 杉浦
3

*

4

8 フィールザファラオ 牡4 57 北村宏 1.36.8 クビ
    ****
* * 35.3 11 49.6 464 0 岩戸
4

*

2

3 エルモンストロ 牡3 55 福永 1.36.9 クビ
    ****
* * 35.9 3 5.1 466 -10 角居
5

*

3

6 サニークラウド 牡3 55 石橋脩 1.36.9 クビ
    ****
* * 36.0 6 11.6 490 0
6

*

6

12 バスカヴィル 牡5 57 戸崎 1.37.2 1 1/2
    ****
* * 36.2 4 9.0 476 -2 加藤征
7

*

7

14 オーケストラ 牡4 57 岩田康 1.37.3 1/2
    ****
* * 36.0 10 33.1 486 0 斎藤誠
8

*

2

4 ホウオウライジン 牡3 55 坂井瑠 1.37.3 クビ
    ****
* * 36.2 8 25.7 484 +18 矢作
9

*

6

11 ネオブレイブ 牡3 55 田辺 1.37.8 3
    ****
* * 36.1 9 29.7 504 +2 小西
10

*

1

1 フォルツァエフ 牡4 57 武豊 1.37.9 1/2
    ****
* * 37.3 7 20.9 484 +6
11

*

7

13 ヴァルディノート 牡4 57 北村友 1.38.0 3/4
    ****
* * 36.0 13 120.0 484 -4 音無
12

*

5

9 ケイアイパープル 牡3 55 ルメール 1.38.1 3/4
    ****
* * 36.8 2 3.8 508 +2 村山
13

*

1

2 サイモンジルバ 牝4 55 野中 1.38.3 1 1/4
    ****
* * 37.1 15 202.5 454 -4 根本
14

*

5

10 クアトレフォイル 牡4 57 三浦 1.38.3 アタマ
    ****
* * 36.9 16 259.2 490 -2 稲垣
15

*

8

16 メイショウノボサン 牡6 57 1.38.7 2 1/2
    ****
* * 37.2 12 71.2 462 -4 大橋
16

*

4

7 マイネルストラトス 牡5 57 藤岡佑 1.38.8 1/2
    ****
* * 36.9 14 133.1 494 +6 土田

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
35.8 48.0 1.00.6 1.12.8 1.24.5
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.5 11.3 12.0 12.2 12.6 12.2 11.7 12.3
払戻金
単勝

15

1,080円

馬単

15-5

5,340円

複勝

15

5

8

310円

170円

700円

ワイド

5-15

8-15

5-8

830円

4,650円

2,270円

枠連

3-8

1,340円

3連複

5-8-15

22,620円

馬連

5-15

2,180円

3連単

15-5-8

116,590円

勝因敗因

 ペプチドバンブー(1着)松田騎手 返し馬からいい雰囲気で具合の良さを感じていましたし、チャンスだなと思っていました。1600メートルと条件も合いそうなので試したのですが、しっかりクリアしてくれました。これからが楽しみです。

次走へのメモ

ペプチドバンブー……スッと控えて後方待機策。外枠だったが、コースロスを最小限にとどめて、道中はじっくり脚を温存。直線に入ってから大外へ持ち出すと、メンバー最速タイの末脚で一完歩毎に差を詰め、ゴール寸前でアタマ差捉えた。前有利の展開だったことを踏まえれば着差以上に強い勝ちっぷりで、クラスが上がっても楽しみ。

前へ

上へ