2019年6月23日 (当日の馬場情報)

3回阪神8日目

1

サラ3歳

[指定],牝馬,未勝利

(ダート・右)

曇・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.21.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

7

14 レイトブルーミング 牝3 54 松山 1.25.6
    ****
* * 37.4 5 8.6 444 +6 松下
2 *

3

5 アルポルト 牝3 54 藤井 1.26.0 2 1/2
    ****
* * 38.5 7 13.2 456 +4 須貝尚
3 *

3

6 ケイティマドンナ 牝3 51 岩田望 1.26.1 1/2
    ****
* * 38.2 11 41.9 460 -2 杉山晴
4 *

2

4 クリノビッグサージ 牝3 54 武豊 1.26.3 1 1/4
    ****
* * 39.0 2 4.8 498 0 南井
5 *

5

9 メイショウミチノク 牝3 54 太宰 1.26.4 1/2
    ****
* * 37.8 6 12.0 464 +2 高橋亮
6 *

4

8 カリッサ 牝3 54 岩田康 1.26.5 クビ
    ****
* * 38.2 3 5.8 410 +4 佐々晶
7 *

4

7 ルミエールソレイユ 牝3 54 和田竜 1.26.6 3/4
    ****
* * 38.8 1 3.3 466 0 吉村
8 *

2

3 リンクスリン 牝3 54 北村友 1.26.9 1 3/4
    ****
* * 39.1 8 27.5 458 -2 高柳大
9 *

8

16 クリノオンリーワン 牝3 51 斎藤 1.26.9 ハナ
    ****
* * 38.4 13 99.8 442 +10
10 *

8

15 クインズジャスミン 牝3 54 小崎 1.27.0 3/4
    ****
* * 38.8 4 7.5 428 0 野中
11 *

5

10 マティス 牝3 54 浜中 1.27.1 3/4
    ****
* * 39.5 9 30.6 462 +6 安達
12 *

1

2 メイショウセンテ 牝3 54 岩崎翼 1.27.8 4
    ****
* * 38.2 15 191.5 438 +6 河内
13 *

7

13 ププッピドゥ 牝3 54 酒井学 1.27.9 3/4
    ****
* * 39.2 10 34.2 504 北出
14 *

6

11 スノーベリー 牝3 53 川又 1.28.0 クビ
    ****
* * 39.7 12 43.0 478 寺島
15 *

6

12 ゴールデンラン 牝3 54 鮫島駿 1.28.0 クビ
    ****
* * 39.9 16 292.8 444 +6 安達
16 *

1

1 イチザベガ 牝3 51 服部寿 1.29.2 7
    ****
* * 39.9 14 173.5 418 -8 西橋

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
34.9 47.3 59.9 1.12.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.4 10.9 11.6 12.4 12.6 12.4 13.3
払戻金
単勝

14

860円

馬単

14-5

11,760円

複勝

14

5

6

340円

360円

1,200円

ワイド

5-14

6-14

5-6

1,770円

7,140円

7,910円

枠連

3-7

4,090円

3連複

5-6-14

90,710円

馬連

5-14

5,550円

3連単

14-5-6

470,750円

勝因敗因

 レイトブルーミング(1着)松山騎手 スタートが良く、いい感じで脚をタメることができました。終いはいい脚を使うのは分かっていたので、道中は無理せず、直線で外に出しましたが、力強い伸びでした。強かったですね。

次走へのメモ

レイトブルーミング……中団。序盤は砂を被ってフワフワしていた。勝負どころで追い上げ始め、4角ではケイティマドンナの直後。直線の伸びも力強く、キッチリと前を捉えた。持ち時計を大きく詰めて初勝利。

次へ

上へ