2019年5月26日 (当日の馬場情報)

3回京都12日目

1

サラ3歳

[指定],未勝利

(ダート・右)

晴・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.21.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

5

9 ワンダーエカルテ 牝3 54 長岡 1.26.2
    ****
* * 37.7 14 116.4 508 +12 石橋
2 *

7

14 ナムラシェパード 牡3 56 藤岡康 1.26.3 1/2
    ****
* * 38.6 1 2.2 470 -2 大橋
3 *

8

15 グランドビクトリー 牡3 56 和田竜 1.26.3 クビ
    ****
* * 38.5 2 4.2 486 -6 鈴木孝
4 *

6

11 マサノバルサー 牝3 54 川島信 1.26.5 1
    ****
* * 38.6 5 18.0 464 +8 加用
5 *

3

6 エスシーバスター 牡3 55 川又 1.26.7 1 1/4
    ****
* * 38.5 3 5.5 480 +10 牧田
6 *

1

1 ストームガスト 牡3 56 松岡 1.26.8 1/2
    ****
* * 38.7 7 29.7 470 寺島
7 *

1

2 ダイシンリカール 牡3 56 柴山 1.26.9 1/2
    ****
* * 37.3 8 35.2 494 +2 庄野
8 *

7

13 マイネルメーア 牡3 56 藤井 1.26.9 クビ
    ****
* * 39.3 9 39.3 498 -4 西園
9 *

4

8 ワンダーヘイルネス セン3 55 富田 1.27.1 1
    ****
* * 39.6 10 43.5 466 +4 河内
10 *

3

5 アールグランツ 牡3 56 藤岡佑 1.27.1 ハナ
    ****
* * 39.3 4 7.6 464 -4 藤岡健
11 *

2

3 トウケイピン セン3 56 黒岩 1.27.1 ハナ
    ****
* * 38.7 16 390.8 486 +12 湯窪
12 *

6

12 ダミアンバローズ 牡3 56 菱田 1.27.2 1/2
    ****
* * 38.9 12 81.7 492 -6 渡辺
13 *

2

4 タイヨウノコマチ 牝3 54 太宰 1.27.3 1/2
    ****
* * 38.5 11 81.0 442 +8 森田
14 *

4

7 メイショウシンシン 牡3 56 1.27.5 1
    ****
* * 38.6 13 105.9 440 -2 松下
15 *

8

16 ハートビートダンス 牝3 52 西村淳 1.28.4 5
    ****
* * 40.4 6 27.6 450 -4 音無
16 *

5

10 チョウビックリ 牡3 56 岩崎翼 1.29.1 4
    ****
* * 41.3 15 286.2 422 +2 西橋

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.2 47.5 1.00.0 1.12.7
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.3 10.9 12.0 12.3 12.5 12.7 13.5
払戻金
単勝

9

11,640円

馬単

9-14

71,240円

複勝

9

14

15

1,610円

120円

130円

ワイド

9-14

9-15

14-15

5,870円

7,380円

200円

枠連

5-7

12,210円

3連複

9-14-15

18,250円

馬連

9-14

26,330円

3連単

9-14-15

287,810円

勝因敗因

 ワンダーエカルテ(1着)長岡騎手 初ダートで砂を被って戸惑うところはありましたが、3角あたりから慣れて、4角では脚が溜まっていました。外に出すとキッチリと脚を使ってくれました。

次走へのメモ

ワンダーエカルテ……12キロ増でも太目感なし。ダートに入ったところでは高脚を使っていたが、2ハロンほど行ったところで慣れて、後方で行きっぷり良く。勝負どころも雰囲気が良かった。直線で外に持ち出して手前を替えると、伸びあぐねる先行馬を鮮やかに捉えた。条件替わりで一変。

次へ

上へ