2019年1月19日 (当日の馬場情報)

1回中山6日目

8

サラ4歳以上

[指定],(混),500万下,定量

(ダート・右)

晴・良

  1. 750万
  2. 300万
  3. 190万
  4. 110万
  5. 75万

レコード1.08.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

6 シゲルベンガルトラ 牡5 57 横山典 1.12.2
    ****
* * 37.1 1 3.8 480 +2 和田勇
2 *

5

10 ポップシンガー 牝5 55 勝浦 1.12.2 クビ
    ****
* * 37.4 7 11.4 458 +4 鈴木伸
3 *

8

16 ザベストエバー 牡5 57 田辺 1.12.3 3/4
    ****
* * 37.2 8 15.3 472 +12 武井
4 *

3

5 ロトヴィグラス 牡4 53 山田敬 1.12.4 クビ
    ****
* * 37.1 5 8.4 474 -2 高市
5 *

8

15 ブランメジェール 牝5 55 大野 1.12.4 クビ
    ****
* * 37.4 2 5.1 474 -6 高木登
6 *

7

13 シセイタケル 牡4 56 ミナリク 1.12.7 1 3/4
    ****
* * 37.5 4 7.1 468 0 高橋文
7 *

2

4 オレノマニラ 牡4 56 柴田善 1.13.0 1 1/2
    ****
* * 37.7 9 48.0 444 +10 土田
8 *

7

14 ミラビリア 牝4 53 木幡巧 1.13.1 3/4
    ****
* * 37.6 12 80.4 474 +12 中舘
9 *

2

3 スカイソング 牝5 55 江田照 1.13.2 クビ
    ****
* * 37.6 10 60.5 460 -16 古賀史
10 *

6

11 アースヴィグラス 牝5 55 横山和 1.13.2 クビ
    ****
* * 37.6 3 5.2 474 +4 粕谷
11 *

6

12 タニセンジュピター 牡5 56 武藤 1.13.6 2 1/2
    ****
* * 38.0 15 228.9 468 +10 加藤和
12 *

4

7 リネンカイソク 牡5 57 丹内 1.14.0 2 1/2
    ****
* * 38.1 16 256.5 496 +10 加藤和
13 *

4

8 ノボベイビー 牡4 56 内田博 1.14.0 クビ
    ****
* * 39.3 6 9.1 480 +2 天間
14 *

1

1 オウケンブライト 牝5 55 西村太 1.14.5 3
    ****
* * 39.0 13 140.4 478 +1 加藤征
15 *

1

2 グラスレガシー 牝4 54 的場勇 1.14.9 2 1/2
    ****
* * 39.8 14 151.8 514 +2
16 *

5

9 シュバルツブリッツ セン4 54 菊沢 1.15.4 3
    ****
* * 40.6 11 70.0 416 -11 伊藤正

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.7 47.0 59.2
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.1 10.8 11.8 12.3 12.2 13.0
払戻金
単勝

6

380円

馬単

6-10

4,170円

複勝

6

10

16

170円

340円

370円

ワイド

6-10

6-16

10-16

1,010円

1,410円

2,950円

枠連

3-5

1,550円

3連複

6-10-16

13,410円

馬連

6-10

2,590円

3連単

6-10-16

52,120円

勝因敗因

 シゲルベンガルトラ(1着)横山典騎手 前2走に騎乗して変えてほしいところがあったので、それを進言していたんだけど、厩舎サイドがしっかり対処してくれた。結果を出すことができて嬉しい。

次走へのメモ

シゲルベンガルトラ……中団追走。勝負どころでも前の組を見ながら、内でジッと我慢。直線は前が壁になっても慌てず余裕十分。開いた最内に進路を切り替え、追い出すとグイッと伸び、先に抜け出した2着馬との競り合いを制した。鞍上の好判断が光った。

前へ

次へ

上へ