2019年1月26日 (当日の馬場情報)

1回中京3日目

11

第56回 愛知杯(GIII)

[指定],牝馬(国際),4歳以上,オープン,ハンデ

(芝B・左)

晴・良

  1. 3600万
  2. 1400万
  3. 900万
  4. 540万
  5. 360万

レコード1.58.3

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

4

5 ワンブレスアウェイ 牝6 54 津村 2.00.0
    ****
* * 33.9 8 31.8 496 +10 古賀慎
2 *

7

11 ノームコア 牝4 55 ルメール 2.00.1 1/2
    ****
* * 33.5 1 3.0 468 +2 萩原
3 *

5

8 ランドネ 牝4 53 戸崎 2.00.1 クビ
    ****
* * 34.4 4 7.7 512 +6 角居
4 *

6

9 ウラヌスチャーム 牝4 53 北村友 2.00.2 1/2
    ****
* * 33.9 3 5.9 500 0 斎藤誠
5 *

3

4 コルコバード 牝6 54 丸山 2.00.2 アタマ
    ****
* * 33.8 6 11.4 464 +6 木村
6 *

1

1 レッドジェノヴァ 牝5 55 Mデムー 2.00.3 クビ
    ****
* * 34.1 2 3.6 500 +8 小島茂
7 *

2

2 レイホーロマンス 牝6 52 藤岡康 2.00.5 1 1/4
    ****
* * 33.9 7 19.8 428 +4 橋田
8 *

4

6 レイズアベール 牝5 50 秋山 2.00.7 1 1/4
    ****
* * 33.9 5 10.1 460 +2 吉村
9 *

8

13 ウスベニノキミ 牝4 49 松若 2.00.7 クビ
    ****
* * 33.8 10 41.8 452 +8 鈴木孝
10 *

5

7 スカーレットカラー 牝4 51 鮫島駿 2.00.9 1
    ****
* * 34.4 9 40.6 458 +12 高橋亮
11 *

3

3 ティーエスクライ 牝7 50 木幡育 2.01.1 1
    ****
* * 35.2 13 216.6 468 -2 武幸
12 *

7

12 エテルナミノル 牝6 55 四位 2.01.2 1/2
    ****
* * 34.7 11 54.6 468 +4 本田
13 *

6

10 ヤマニンエルフィン 牝8 50 田中健 2.01.3 3/4
    ****
* * 35.5 14 229.6 520 +6 松下
14 *

8

14 キンショーユキヒメ 牝6 54 吉田隼 2.01.7 2 1/2
    ****
* * 34.5 12 93.4 530 +18 中村

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
37.2 50.0 1.02.2 1.14.0 1.25.7 1.37.5 1.48.7
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
12.9 11.4 12.9 12.8 12.2 11.8 11.7 11.8 11.2 11.3
払戻金
単勝

5

3,180円

馬単

5-11

15,040円

複勝

5

11

8

530円

150円

230円

ワイド

5-11

5-8

8-11

1,500円

2,790円

520円

枠連

4-7

1,260円

3連複

5-8-11

9,010円

馬連

5-11

4,600円

3連単

5-11-8

99,140円

勝因敗因

 ワンブレスアウェイ(1着)津村騎手 課題だったスタートも許容範囲だったし、1角までにいい位置を取れたのが最大の勝因だったと思います。馬の後ろで折り合えていたし、ペースも楽でしたからね。自信を持って追い出すことができたし、最後までよく頑張ってくれました。

次走へのメモ

ワンブレスアウェイ……10キロ増でいい体つきになっていた。出たなりでスンナリと4番手へ。道中がスロー、そのうえ縦長の隊列とあって、好位置でスムーズに運べたことが最大の勝因。直線の坂では単独2番手へ。そのあと手応え通りによく伸びて、逃げ粘るランドネを捉えてゴールへ。

前へ

次へ

上へ