2018年11月10日 (当日の馬場情報)

5回東京3日目

12

サラ3歳以上

[指定],(混),1000万下,定量

(ダート・左)

晴・稍重

  1. 1050万
  2. 420万
  3. 260万
  4. 160万
  5. 105万

レコード1.16.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

6

11 ブラックジョー セン5 57 横山典 1.17.6
    ****
* * 35.5 8 32.8 464 -8 安達
2 *

2

3 モルゲンロート 牡5 57 松岡 1.17.7 3/4
    ****
* * 36.3 4 12.2 472 0 竹内
3 *

4

7 クラシコ 牡6 57 Cオドノ 1.17.7 クビ
    ****
* * 35.4 1 2.1 518 +4
4 *

8

16 クリムゾンバローズ セン5 57 石川裕 1.17.8 クビ
    ****
* * 35.1 3 8.7 512 +2 尾形和
5 *

1

2 シンボリバーグ 牝4 55 ルメール 1.18.0 1
    ****
* * 37.0 2 3.9 484 -10 藤沢和
6 *

5

10 ナムラヒューマン 牡6 57 大野 1.18.0 ハナ
    ****
* * 35.8 12 53.3 480 +8 浜田
7 *

7

14 ステラルーチェ 牡6 57 武士沢 1.18.0 クビ
    ****
* * 37.0 7 18.5 476 0 蛯名
8 *

2

4 タイガーヴォーグ 牡5 56 武藤 1.18.1 クビ
    ****
* * 36.1 5 14.3 498 +4 鈴木伸
9 *

8

15 ミスズマンボ 牝5 55 北村宏 1.18.1 アタマ
    ****
* * 35.5 10 44.0 452 +6 安田翔
10 *

3

5 メイショウミズカゼ 牡4 57 酒井学 1.18.2 1/2
    ****
* * 35.3 9 42.8 466 -8 飯田祐
11 *

6

12 ベルクリア 牝5 55 戸崎 1.18.3 3/4
    ****
* * 36.3 6 18.1 462 -6 吉田
12 *

3

6 ティアップサンダー 牡6 57 江田照 1.18.4 クビ
    ****
* * 35.2 16 167.6 478 +2 奥平雅
13 *

1

1 ケンデスティニー 牡3 56 田中勝 1.18.4 ハナ
    ****
* * 35.8 15 132.4 484 +2
14 *

4

8 コスモジョーカー 牡3 56 柴田大 1.18.6 1 1/4
    ****
* * 37.9 14 127.8 506 +4 和田雄
15 *

7

13 ナンベーサン 牡5 54 野中 1.18.9 2
    ****
* * 37.0 11 52.9 492 +4 伊藤大
16 *

5

9 カワキタピリカ 牡5 57 三浦 1.19.3 2 1/2
    ****
* * 36.3 13 102.8 506 +2 武市

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
34.9 46.7 58.8 1.11.3
ラップタイム
100m 300m 500m 700m 900m 1100m 1300m
7.2 10.9 11.0 11.6 12.0 12.2 12.7
払戻金
単勝

11

3,280円

馬単

11-3

40,080円

複勝

11

3

7

630円

310円

120円

ワイド

3-11

7-11

3-7

4,030円

1,340円

500円

枠連

2-6

3,560円

3連複

3-7-11

9,240円

馬連

3-11

17,310円

3連単

11-3-7

122,030円

勝因敗因

 ブラックジョー(1着)安達調教師 近走は道中掛かったりしてチグハグな競馬が続いていたんです。左回りの東京のこの条件は合っていますし、今日はジョッキーがうまく乗ってくれたことが最後の伸び脚につながったんだと思います。

次走へのメモ

ブラックジョー……前半は慌てず後方。道中は唸るくらいの行きっぷりだった。直線に入っても持ったまま。残り400メートルの標識あたりでスパート開始。追ってからの反応も鋭く、グングンと加速。先に抜け出していた2着馬をゴール前で捉える。3歳時に東京で現級勝ちの実績はある馬だが、鮮やかに快勝。

前へ

上へ