2018年11月17日 (当日の馬場情報)

5回京都5日目

1

サラ2歳

[指定],(混),未勝利

(ダート・右)

晴・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.23.4

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

2

4 レッドルゼル 牡2 55 北村友 1.25.0
    ****
* * 37.5 1 1.7 466 -2 安田隆
2 *

1

1 ピースプレイヤー 牡2 55 岩田康 1.26.9 大差
    ****
* * 39.1 5 25.1 482 +6 高野
3 *

5

10 オウケンラブルナ 牝2 54 松田 1.27.3 2 1/2
    ****
* * 39.1 6 28.3 460 +4 安田翔
4 *

3

5 ナムラシェパード 牡2 55 酒井学 1.27.4 クビ
    ****
* * 39.0 3 10.7 466 0 大橋
5 *

2

3 アポロナッシュビル 牡2 52 三津谷 1.27.6 1 1/4
    ****
* * 38.5 7 33.7 470 +4 山内
6 *

1

2 ヴィエントフレスコ 牡2 55 藤岡康 1.27.6 アタマ
    ****
* * 39.5 10 73.6 482 -8 中竹
7 *

6

11 クリノクルミチャン 牝2 51 服部寿 1.27.7 クビ
    ****
* * 38.3 15 368.3 478 0 中尾秀
8 *

6

12 デンコウブレイブ 牡2 55 太宰 1.27.7 クビ
    ****
* * 39.3 9 57.0 460 +6 坂口則
9 *

3

6 ログブック 牡2 55 国分恭 1.27.8 1/2
    ****
* * 39.0 14 204.8 478 +2 大根田
10 *

8

15 レオビヨンド 牡2 55 池添 1.27.9 クビ
    ****
* * 40.2 2 3.7 462 +4 高柳大
11 *

7

14 ヒルド 牝2 54 松山 1.27.9 ハナ
    ****
* * 39.3 12 78.6 440 +2 鈴木孝
12 *

7

13 テイエムメデタシ 牝2 54 藤懸 1.28.1 1 1/2
    ****
* * 39.0 8 52.4 414 -4 飯田雄
13 *

4

8 ベルガモット 牡2 55 国分優 1.28.9 5
    ****
* * 39.8 16 377.8 422 -4 湯窪
14 *

8

16 ケアラケクアベイ 牡2 55 小牧太 1.29.1 1 1/4
    ****
* * 40.4 11 77.7 458 -6 服部
15 *

5

9 ベルメモワール 牝2 54 松若 1.29.2 1/2
    ****
* * 41.2 13 106.1 448 +8 渡辺
16 *

4

7 テーオーパラダイス 牝2 54 浜中 1.30.7 9
    ****
* * 42.7 4 17.2 464 -2 岡田

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.3 47.5 1.00.1 1.12.2
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.4 11.1 11.8 12.2 12.6 12.1 12.8
払戻金
単勝

4

170円

馬単

4-1

1,850円

複勝

4

1

10

110円

350円

380円

ワイド

1-4

4-10

1-10

750円

820円

4,560円

枠連

1-2

1,010円

3連複

1-4-10

6,890円

馬連

1-4

1,570円

3連単

4-1-10

19,590円

勝因敗因

 レッドルゼル(1着)北村友騎手 強かったです。1歩目でトモを落としたので気をつけましたが、見ての通りスピード、スタミナともに十分です。

次走へのメモ

レッドルゼル……軽く促した程度でスッとハナへ。道中も少し抑えるくらいでマイペース。馬なりのままで直線入り口から後続をグングン引き離して大楽勝。時計も速い。馬体、フットワークからするとダートの方がいいということはなさそうだが、ここでは能力が違い過ぎた。

次へ

上へ