2018年10月13日 (当日の馬場情報)

3回新潟1日目

11

妙高特別

(混),3歳以上,1000万円以下,定量

(ダート・左)

晴・重

  1. 1500万
  2. 600万
  3. 380万
  4. 230万
  5. 150万

レコード1.09.2

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

6

10 クイーンズテソーロ 牝3 53 木幡巧 1.11.4
    ****
* * 36.5 5 9.5 458 +6 畠山吉
2 *

5

9 ステラルーチェ 牡6 57 武士沢 1.11.7 1 3/4
    ****
* * 36.2 10 39.7 476 +4 蛯名
3 *

8

15 スリーミニオン 牡3 55 荻野極 1.11.8 1/2
    ****
* * 37.0 6 9.6 464 0 柄崎
4 *

2

3 スズカモナミ 牝4 55 鮫島駿 1.11.8 クビ
    ****
* * 36.4 8 14.5 432 +4 吉村
5 *

6

11 ストロボフラッシュ 牝5 55 中井 1.12.1 1 1/2
    ****
* * 36.4 3 5.8 482 0 加藤征
6 *

7

12 スーパーモリオン 牡4 57 丸山 1.12.1 アタマ
    ****
* * 36.6 2 5.3 524 +16 浅見
7 *

1

1 メイショウカイモン セン7 57 丸田 1.12.1 クビ
    ****
* * 36.3 13 76.6 476 +4 和田勇
8 *

2

2 ショウナンカイドウ 牡5 57 藤懸 1.12.1 ハナ
    ****
* * 36.2 11 45.0 524 -10 高野
9 *

4

6 ペルペトゥオ 牝3 53 北村友 1.12.2 クビ
    ****
* * 37.4 1 3.6 474 +6 中内田
10 *

5

8 クリノレオノール 牝4 55 嶋田 1.12.2 クビ
    ****
* * 35.9 15 156.5 452 0 星野
11 *

3

4 エッシャー セン4 57 川又 1.12.3 クビ
    ****
* * 37.5 7 11.6 470 -8 中竹
12 *

8

14 アッティーヴォ 牡4 57 柴山 1.12.3 ハナ
    ****
* * 36.3 4 7.7 450 -12 大根田
13 *

7

13 ベルクリア 牝5 55 勝浦 1.12.3 クビ
    ****
* * 36.4 9 33.7 468 +14 吉田
14 *

4

7 スフェーン 牡5 57 杉原 1.12.4 3/4
    ****
* * 37.1 14 101.6 470 +8 小西
15 *

3

5 イザ 牡5 57 津村 1.12.6 1
    ****
* * 36.9 12 46.6 496 -2 高柳瑞

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.8 46.9 58.9
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.0 11.3 11.5 12.1 12.0 12.5
払戻金
単勝

10

950円

馬単

10-9

30,340円

複勝

10

9

15

290円

840円

300円

ワイド

9-10

10-15

9-15

5,140円

1,190円

5,560円

枠連

5-6

7,120円

3連複

9-10-15

58,830円

馬連

9-10

21,550円

3連単

10-9-15

395,240円

勝因敗因

 クイーンズテソーロ(1着)木幡巧騎手 クラスが上がって周りが速くなるだろうから、出たなりで行こうと思っていました。思いの外スタートを出てくれて、人気馬を見るような形でした。直線で抜け出す時もしっかり伸びてくれましたし、強い競馬でしたね。

次走へのメモ

クイーンズテソーロ……フックラとした馬体で好仕上がり。持ち前のスピードで前に取りつくと、前3頭の逃げ争いから一歩引いて単独の4番手で虎視眈々。4角で外から3着馬が先頭に立つなか、間隙を突いてその内から抜け出すと、直線で後続を引き離しての快勝。53キロの軽量も生かした。3Rの牝馬限定より遅い時計だが、同じ重発表でも水が浮いていた午前中に比べて、このレースでは乾いた砂が舞っていたので、同じ馬場とは言えない。

前へ

次へ

上へ