2018年7月8日 (当日の馬場情報)

2回福島4日目

1

サラ2歳

[指定],(混),未勝利

(ダート・右)

曇・重

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.08.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

8

15 ニシノコトダマ 牡2 54 石川裕 1.09.0
    ****
* * 37.3 1 2.1 496 +4 手塚
2

*

1

2 アンビル 牡2 54 戸崎 1.09.0 ハナ
    ****
* * 37.3 2 3.5 460 +8 竹内
3

*

4

7 グレートデー 牡2 54 津村 1.09.1 1/2
    ****
* * 36.6 4 9.0 486 +4 田中博
4

*

2

3 エリーバラード 牝2 54 横山典 1.09.5 2 1/2
    ****
* * 37.3 3 7.9 494 +6 菊沢
5

*

4

8 ウィローグラウス 牝2 54 柴田大 1.09.5 アタマ
    ****
* * 37.4 5 16.7 420 0 萱野
6

*

6

12 ヴァトナヨークトル 牝2 54 江田照 1.10.3 5
    ****
* * 37.9 6 37.0 470 -4 大江原
7

*

5

9 インターロード 牡2 54 柴田善 1.10.6 2
    ****
* * 37.7 8 54.1 462 -4 伊藤伸
8

*

5

10 ゲンパチファインド 牡2 54 西田 1.11.0 2 1/2
    ****
* * 37.5 7 48.6 476 +2 萱野
9

*

3

6 シゲルアマゾナイト 牡2 54 岩崎翼 1.11.1 1/2
    ****
* * 38.3 12 115.1 446 -6 石栗
10

*

3

5 シゲルキャッツアイ 牝2 54 丸田 1.11.1 クビ
    ****
* * 37.4 11 97.9 442 -2 石毛
11

*

7

13 ノーブルペガサス 牝2 54 武士沢 1.11.3 1 1/4
    ****
* * 38.2 10 74.5 468 -2 鈴木伸
12

*

2

4 マグマミキサー 牡2 51 山田敬 1.11.4 3/4
    ****
* * 37.6 14 238.7 448 +6 松永康
13

*

7

14 ウインプレイヤー 牡2 54 宮崎北 1.11.8 2 1/2
    ****
* * 39.0 13 116.7 478 +8 宗像
14

*

1

1 シゲルキラキラ 牝2 54 菅原隆 1.11.8 クビ
    ****
* * 37.5 15 239.3 428 -6 石毛
15

*

6

11 トーセンゴーランド 牡2 51 木幡育 1.12.4 3 1/2
    ****
* * 38.5 16 256.3 456 -6 土田
16

*

8

16 ニシノサトル 牡2 52 藤田菜 1.12.8 2 1/2
    ****
* * 39.7 9 66.5 456 +6 小桧山

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.7 46.7 59.3
ラップタイム
150m 350m 550m 750m 950m 1150m
9.6 11.1 11.0 11.9 12.4 13.0
払戻金
単勝

15

210円

馬単

15-2

670円

複勝

15

2

7

110円

120円

180円

ワイド

2-15

7-15

2-7

170円

380円

530円

枠連

1-8

380円

3連複

2-7-15

1,080円

馬連

2-15

370円

3連単

15-2-7

3,320円

勝因敗因

 ニシノコトダマ(1着)石川裕騎手 前に馬を置いてレースをした方がいいと思っていました。一旦、前に出た時にフワーッとしてしまいましたが、最後は渋太さを発揮して勝ってくれました。

次走へのメモ

ニシノコトダマ……2着馬の外でいつでも交わせる態勢だったが、相手も渋太く、ゴール寸前で辛うじて交わす。馬場を考慮すれば、水準に近いタイムか。まだ良化の余地を残し、昇級しても相手なりに走れそう。

次へ

上へ