2018年4月22日 (当日の馬場情報)

2回東京2日目

2

サラ3歳

[指定],未勝利

(ダート・左)

晴・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.21.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

5 デュアルマンデート 牡3 56 北村宏 1.26.3
    ****
* * 38.2 1 2.7 510 0 萩原
2 *

8

15 フィールザファラオ 牡3 56 内田博 1.26.7 2 1/2
    ****
* * 37.8 5 15.2 448 -2 岩戸
3 *

2

3 ディナミーデン 牡3 56 横山典 1.26.8 1/2
    ****
* * 37.8 8 30.8 458 -2 田島俊
4 *

7

13 クラウンクラシック 牡3 56 三浦 1.26.8 クビ
    ****
* * 37.7 4 6.3 486 +8 斎藤誠
5 *

3

6 エナグリン 牡3 56 Mデムー 1.26.8 アタマ
    ****
* * 37.5 2 3.8 474 +4 伊藤大
6 *

5

9 ヒューリスティクス セン3 56 大野 1.26.8 ハナ
    ****
* * 38.0 7 17.1 498 -14 竹内
7 *

1

1 フクノヴァランス 牡3 56 松岡 1.27.2 2
    ****
* * 37.6 12 121.2 468 +4 清水英
8 *

7

14 クエントアスール 牡3 54 武藤 1.27.5 2
    ****
* * 38.8 6 16.7 512 0 武藤
9 *

5

10 フジワンタイフーン 牡3 56 武士沢 1.27.8 2
    ****
* * 39.6 14 345.1 482 -4 古賀史
10 *

4

7 シシハクト 牡3 56 戸崎 1.28.5 4
    ****
* * 39.3 3 5.2 490 +2 加藤征
11 *

1

2 セイウングラッパ 牡3 53 木幡育 1.29.1 3 1/2
    ****
* * 39.0 13 228.2 442 -2 伊藤圭
12 *

4

8 トモジャスティス 牡3 56 柴田大 1.29.4 2
    ****
* * 40.4 11 73.8 498 鈴木伸
13 *

8

16 パスイ 牡3 56 嘉藤 1.30.3 5
    ****
* * 41.1 15 498.7 486 +8 伊藤正
14 *

2

4 スズランムスメ 牝3 54 柴田善 1.30.6 1 3/4
    ****
* * 39.6 16 532.8 436 +6 勢司
15 *

6

12 レコンキスタシチー 牡3 56 田辺 1.30.8 1 1/2
    ****
* * 38.6 10 72.5 474 金成
16 *

6

11 ゴールドエントリー 牡3 56 田中勝 1.31.9 7
    ****
* * 43.3 9 64.3 486 -6 宗像

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.4 48.1 1.01.0 1.13.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.7 10.9 11.8 12.7 12.9 12.4 12.9
払戻金
単勝

5

270円

馬単

5-15

2,380円

複勝

5

15

3

150円

340円

610円

ワイド

5-15

3-5

3-15

640円

1,120円

4,480円

枠連

3-8

1,040円

3連複

3-5-15

11,690円

馬連

5-15

1,610円

3連単

5-15-3

36,080円

勝因敗因

 デュアルマンデート(1着)北村宏騎手 いいスタートを切って、大きいストライドをそのまま生かす形で運びました。少しフワフワする面はありましたが、直線までしっかり伸びてくれました。しっかりしてくれば先々は芝でもやれそうです。

次走へのメモ

デュアルマンデート……激しい先行争いも無理をするシーンはなく、ここではスピードが一枚上だった。直線も追われて確かな伸び脚を示し、後続を突き放す。まずは順当勝ちと言える内容で完勝。

前へ

次へ

上へ