2018年3月25日 (当日の馬場情報)

2回中京6日目

12

鈴鹿特別

[指定],(混),1000万下,定量

(ダート・左)

晴・良

  1. 1500万
  2. 600万
  3. 380万
  4. 230万
  5. 150万

レコード1.21.9

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

8

14 アシャカセルクル 牡4 57 吉田隼 1.24.7
    ****
* * 37.2 4 9.1 512 -10 小笠
2 *

7

13 ブルームーン 牡6 57 大野 1.24.9 1 1/4
    ****
* * 37.2 8 16.3 486 +8 清水久
3 *

2

2 ペイシャエヴァー 牡4 57 岩田康 1.24.9 クビ
    ****
* * 37.4 2 5.5 488 -2 小笠
4 *

5

8 キンイロジャッカル 牡4 57 北村友 1.25.0 クビ
    ****
* * 36.9 7 12.9 500 -10 相沢
5 *

6

10 スズカフューラー 牡4 57 和田竜 1.25.2 1 1/4
    ****
* * 37.6 5 9.2 424 -4 西橋
6 *

5

9 シゲルゴホウサイ 牝6 55 松山 1.25.3 1/2
    ****
* * 38.0 6 10.1 458 -4 森田
7 *

1

1 ロードヴォルケーノ 牡7 57 ティータ 1.25.5 1 1/2
    ****
* * 36.9 9 21.4 490 -2 笹田
8 *

4

6 カネノイロ 牡5 57 丸山 1.25.6 クビ
    ****
* * 38.4 1 2.8 486 -4 佐藤吉
9 *

8

15 アストロノーティカ 牡4 57 ミナリク 1.25.6 ハナ
    ****
* * 37.6 3 8.0 490 -2 角田
10 *

3

4 カレンマタドール セン7 57 三浦 1.25.8 1 1/4
    ****
* * 37.5 12 70.1 494 -6 安田翔
11 *

3

5 ララパルーザ 牡5 57 柴山 1.25.9 3/4
    ****
* * 36.9 11 63.8 528 -2 岩戸
12 *

4

7 サトノダヴィンチ 牡6 57 丸田 1.26.1 1 1/2
    ****
* * 38.1 10 30.4 482 -12 宗像
13 *

2

3 タイセイプレゼンス 牡5 57 北村宏 1.26.3 1
    ****
* * 38.0 13 83.4 492 0 高橋忠
14 *

6

11 エクスシア 牝7 55 1.26.5 1
    ****
* * 38.0 14 109.7 438 +2 大江原
15 *

7

12 スケロク 牡6 57 木幡初 1.26.8 1 3/4
    ****
* * 39.0 15 147.1 496 -12 松山将

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.1 47.2 59.7 1.11.7
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.5 11.0 11.6 12.1 12.5 12.0 13.0
払戻金
単勝

14

910円

馬単

14-13

13,780円

複勝

14

13

2

280円

420円

200円

ワイド

13-14

2-14

2-13

2,570円

1,230円

2,020円

枠連

7-8

2,440円

3連複

2-13-14

17,350円

馬連

13-14

7,690円

3連単

14-13-2

122,160円

勝因敗因

 アシャカセルクル(1着)吉田隼騎手 レース自体は手応えが楽だったし、追ってから伸びてくれました。今日は外枠だったし、砂を被らずリズムに乗れたら勝てる馬なんです。でもまだ砂を被る競馬をまだ覚え切っていないので、現級のうちに教えたいことがあったんですけどね。

次走へのメモ

アシャカセルクル……仕掛けて好位。外を回って距離損はあったが、揉まれない位置でスムーズな競馬をできたのが大きい。前のシゲルゴホウサイが渋太く手を焼いたが、残り100メートルでこれを捉えて抜け出した。

前へ

上へ