2018年2月18日 (当日の馬場情報)

2回京都8日目

12

サラ4歳以上

牝馬,1000万下,定量

(ダート・右)

晴・良

  1. 1050万
  2. 420万
  3. 260万
  4. 160万
  5. 52万

レコード1.47.8

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

1

1 ワンダーピルエット 牝5 54 小崎 1.53.8
    ****
* * 36.9 3 4.2 492 +2 小崎
2 *

1

2 トゥールエッフェル 牝5 55 松山 1.54.2 2 1/2
    ****
* * 37.5 10 44.6 534 +14 加用
3 *

2

3 アームズレングス 牝5 55 Mデムー 1.54.3 1/2
    ****
* * 36.8 1 3.0 492 0 加藤征
4 *

5

10 バニーテール 牝4 54 バルジュ 1.54.6 1 1/2
    ****
* * 37.3 2 3.9 486 +10 中内田
5 *

4

7 ピントゥリッキオ 牝5 55 池添 1.54.8 1 1/4
    ****
* * 37.0 8 30.9 454 -6 池上和
5 *

7

14 エヴォリューション 牝7 55 岩崎翼 1.54.8 同着
    ****
* * 37.2 16 372.0 486 -4 佐藤正
7 *

8

15 アドマイヤウイング 牝7 55 藤岡康 1.54.8 ハナ
    ****
* * 37.2 6 14.0 494 +10 梅田智
8 *

3

6 アルティマウェポン 牝5 52 富田 1.54.8 ハナ
    ****
* * 37.6 7 17.7 470 +6 藤岡健
9 *

6

11 ルーレットクイーン 牝5 55 松田 1.55.0 1 1/4
    ****
* * 37.9 9 44.3 438 +6 武井
10 *

2

4 テイエムジョウネツ 牝6 55 田中健 1.55.0 クビ
    ****
* * 37.2 11 86.0 452 +18 木原
11 *

4

8 メイショウグロッケ 牝4 54 川島信 1.55.3 2
    ****
* * 38.5 5 13.4 462 0 荒川
12 *

5

9 スクラッタ 牝5 55 中井 1.55.5 1 1/4
    ****
* * 37.5 14 246.2 424 +6 武市
13 *

7

13 ショウナンナナイロ 牝4 53 荻野極 1.55.6 1/2
    ****
* * 38.7 4 8.3 438 -10 高野
14 *

3

5 ハヤブサプリプリ 牝5 55 松岡 1.56.4 5
    ****
* * 39.2 13 169.9 460 -8 藤原辰
15 *

6

12 シゲルメジロザメ 牝5 54 1.56.5 1/2
    ****
* * 39.0 15 304.3 450 -4 高橋康
16 *

8

16 ホノカ 牝4 54 秋山 1.57.2 4
    ****
* * 40.0 12 90.5 486 -4 菊川

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
37.9 50.9 1.04.0 1.16.7 1.29.2 1.41.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.5 12.0 13.4 13.0 13.1 12.7 12.5 12.2 12.4
払戻金
単勝

1

420円

馬単

1-2

15,460円

複勝

1

2

3

190円

720円

170円

ワイド

1-2

1-3

2-3

2,550円

420円

2,050円

枠連

1-1

8,990円

3連複

1-2-3

9,190円

馬連

1-2

8,870円

3連単

1-2-3

57,840円

勝因敗因

 ワンダーピルエット(1着)小崎騎手 少し気難しい面があるのですが、今日はとても落ち着きがあったし、スタッフがうまく仕上げてくれました。それに実戦でもリズム良く走れたし、抜け出す時の脚も速かったです。やっぱり地力は上位ですね。

次走へのメモ

ワンダーピルエット……仕上がる。馬場に入ってから小崎騎手が跨り、返し馬はせず。好位のインで流れに乗り、直線はスパッと抜け出した。うるさい面はあったが、ひと息入れて立ち直っていたのだろう。

前へ

上へ