2018年5月6日 (当日の馬場情報)

1回新潟4日目

7

サラ4歳以上

牝馬,500万下,定量

(ダート・左)

晴・良

  1. 750万
  2. 300万
  3. 190万
  4. 110万
  5. 75万

レコード1.49.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

8

15 アルスフェルト 牝5 55 勝浦 1.53.0
    ****
* * 38.0 2 4.4 466 -8 尾関
2 *

4

6 レッドエレノア 牝4 55 津村 1.53.6 3 1/2
    ****
* * 39.9 3 5.0 536 -2 木村
3 *

2

3 エイシンムジカ 牝4 55 丸田 1.53.6 ハナ
    ****
* * 38.1 1 3.0 482 0 西園
4 *

7

13 プリエンプト 牝4 55 和田竜 1.53.8 1 1/4
    ****
* * 40.0 4 5.1 472 -4 斎藤誠
5 *

5

8 ラレッサングル 牝5 55 三浦 1.54.1 2
    ****
* * 38.8 5 9.7 450 -2 高柳瑞
6 *

5

9 サムシングフレア 牝5 52 横山武 1.54.4 1 3/4
    ****
* * 40.3 12 104.4 486 +4 松山将
7 *

2

2 ペイシャリサ 牝4 52 服部寿 1.54.5 1/2
    ****
* * 38.2 11 87.6 474 -4 高橋博
8 *

6

11 コウセイマユヒメ 牝7 52 藤田菜 1.54.7 1
    ****
* * 38.7 7 19.1 462 +4 中野栄
9 *

3

4 ラペルトワ 牝5 55 丹内 1.54.8 1/2
    ****
* * 40.8 10 67.7 514 +4 清水英
10 *

6

10 サツキユニヴァース 牝4 55 川島信 1.55.0 1
    ****
* * 39.7 9 63.9 440 -2 寺島
11 *

7

12 ブランニューカップ 牝4 54 1.55.2 1 1/4
    ****
* * 39.4 14 159.8 452 +8 岡田
12 *

1

1 ビジョッテ 牝4 55 丸山 1.55.2 クビ
    ****
* * 39.6 6 16.6 508 +8 小笠
13 *

4

7 イダフェイマ 牝5 55 1.55.4 1
    ****
* * 39.7 13 130.9 532 +6 高柳瑞
14 *

3

5 ルーナデラセーラー 牝4 55 菱田 1.55.6 1
    ****
* * 41.4 8 35.9 480 +6 加藤征
15 *

8

14 ポロス 牝5 55 杉原 1.55.7 3/4
    ****
* * 38.0 15 457.6 476 +8 南田

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
36.6 49.3 1.01.6 1.13.7 1.26.6 1.39.6
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.7 11.4 12.5 12.7 12.3 12.1 12.9 13.0 13.4
払戻金
単勝

15

440円

馬単

15-6

2,610円

複勝

15

6

3

160円

170円

130円

ワイド

6-15

3-15

3-6

490円

310円

300円

枠連

4-8

1,400円

3連複

3-6-15

1,270円

馬連

6-15

1,450円

3連単

15-6-3

9,150円

勝因敗因

 アルスフェルト(1着)勝浦騎手 ここ2週の調教で乗った時に走る馬だと思っていました。先行集団を見る形でリズムよく運ぶことができました。力は出せたと思います。

次走へのメモ

アルスフェルト……シャドーロール。舌を括る。前の5頭が飛ばし、離れた6番手。3角から前を捉えに上がっていくと、終いも反応良く伸びて差し切る。前が引っ張って流れも向いたが、小倉や福島では内で窮屈になる場面もあっただけに、ノビノビとスムーズに走れたのも良かったのだろう。時計もマズマズで昇級しても相手なりに走れそう。

前へ

次へ

上へ