2018年2月17日 (当日の馬場情報)

1回東京7日目

1

サラ3歳

[指定],牝馬,未勝利

(ダート・左)

晴・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.16.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

4

7 ロジヒューズ 牝3 54 内田博 1.21.0
    ****
* * 37.8 1 3.7 478 +4 古賀慎
2 *

2

4 アポロアミ 牝3 54 津村 1.21.4 2 1/2
    ****
* * 38.0 2 4.8 432 -6 矢野英
3 *

6

11 レインボーボニート 牝3 54 戸崎 1.21.7 1 3/4
    ****
* * 38.0 3 6.2 460 +4 菊沢
4 *

5

10 タマノパルフェット 牝3 54 田辺 1.21.7 クビ
    ****
* * 37.7 8 14.3 466 -12 高柳瑞
5 *

1

2 シングシングシング 牝3 54 ルメール 1.21.7 アタマ
    ****
* * 38.4 4 8.1 454 -2 新開
6 *

6

12 エリープラネット 牝3 54 三浦 1.21.9 1
    ****
* * 38.2 6 10.3 420 -4 天間
7 *

3

6 パーラミター 牝3 54 松岡 1.21.9 ハナ
    ****
* * 38.8 5 9.3 508 +6 伊藤伸
8 *

7

14 ブロンドキュート 牝3 54 田中勝 1.22.2 1 3/4
    ****
* * 37.9 7 13.1 456 -6 松山将
9 *

3

5 ユウキャン 牝3 54 蛯名 1.22.4 1
    ****
* * 39.4 9 16.3 468 -6 田中剛
10 *

1

1 マイキャラット 牝3 54 柴田善 1.23.2 5
    ****
* * 39.3 13 89.1 456 +2 小島茂
11 *

7

13 タイセイパルフェ 牝3 54 北村宏 1.23.4 1 1/4
    ****
* * 39.6 11 60.1 450 +14 池上和
12 *

4

8 プリンセスティナ 牝3 54 ミナリク 1.23.7 2
    ****
* * 40.0 10 43.6 450 -4 中舘
13 *

5

9 クイーンディアス 牝3 51 野中 1.24.0 1 3/4
    ****
* * 40.0 14 102.7 416 -10 黒岩
14 *

8

16 サンキャスパー 牝3 54 村田 1.24.4 2 1/2
    ****
* * 39.6 16 209.0 458 藤原辰
15 *

2

3 ウインソリティア 牝3 54 大野 1.25.9 9
    ****
* * 42.4 12 73.0 424 0 鹿戸雄
16 *

8

15 モメンタム 牝3 52 武藤 1.26.7 5
    ****
* * 42.9 15 121.8 430 +8 田島俊

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
36.6 49.4 1.02.0 1.14.6
ラップタイム
100m 300m 500m 700m 900m 1100m 1300m
7.1 10.9 12.2 12.8 12.8 12.3 12.9
払戻金
単勝

7

370円

馬単

7-4

1,540円

複勝

7

4

11

150円

150円

190円

ワイド

4-7

7-11

4-11

370円

500円

520円

枠連

2-4

830円

3連複

4-7-11

1,690円

馬連

4-7

900円

3連単

7-4-11

5,900円

勝因敗因

 ロジヒューズ(1着)内田博騎手 スタートを決めることができて、道中は楽に進めていくことができました。他馬が来たらもうひと伸びしそうな手応えで、余力は十分にありました。これからは、砂を被った時どう対応するかを馬に覚えさせてあげたいですね。

次走へのメモ

ロジヒューズ……シャドーロール。叩き上昇。スッと3番手に取りつき、道中は抜群の手応え。直線半ばまで追い出しを待つ余裕があり、最後は後続を2馬身半差突き放して快勝。ここでは力が違った。

次へ

上へ