2017年11月26日 (当日の馬場情報)

5回京都8日目

12

第62回 京阪杯(GIII)

(指定),国際,オープン,別定

(芝C・右内)

曇・良

  1. 3900万
  2. 1600万
  3. 980万
  4. 590万
  5. 390万

レコード1.06.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

2

4 ネロ 牡6 58 吉原 1.08.8
    ****
* * 34.5 9 36.9 478 +11
2 *

3

6 ビップライブリー 牡4 56 大野 1.08.8 クビ
    ****
* * 34.1 6 11.6 458 -4 清水久
3 *

7

14 イッテツ 牡5 56 石橋脩 1.08.9 クビ
    ****
* * 33.8 14 61.8 488 0 斎藤誠
4 *

6

11 フィドゥーシア 牝5 55 三浦 1.08.9 クビ
    ****
* * 34.2 8 23.2 468 -6 松元茂
5 *

6

12 ダイシンサンダー 牡6 56 和田竜 1.08.9 ハナ
    ****
* * 33.9 10 42.5 500 -2 須貝尚
6 *

1

2 ラインスピリット 牡6 56 森一 1.08.9 アタマ
    ****
* * 34.3 12 50.0 442 +14 松永昌
7 *

5

10 セイウンコウセイ 牡4 56 松田 1.09.0 クビ
    ****
* * 34.4 5 7.6 498 +4 上原
8 *

7

13 タマモブリリアン 牝4 54 吉田隼 1.09.1 1/2
    ****
* * 34.2 16 93.1 478 +4 南井
9 *

4

7 ソルヴェイグ 牝4 54 川田 1.09.3 1 1/4
    ****
* * 34.8 1 3.3 468 0 鮫島
10 *

3

5 ヒルノデイバロー 牡6 56 古川吉 1.09.3 クビ
    ****
* * 34.4 4 7.5 526 +6
11 *

8

15 アットザシーサイド 牝4 54 四位 1.09.3 ハナ
    ****
* * 34.0 3 6.7 440 +2 浅見
12 *

4

8 ナリタスターワン 牡5 56 1.09.4 1/2
    ****
* * 34.6 11 46.3 466 -2 高橋亮
13 *

1

1 ティーハーフ 牡7 56 国分優 1.09.4 クビ
    ****
* * 33.7 15 75.0 458 -12 西浦
14 *

8

16 ジューヌエコール 牝3 54 北村友 1.09.5 クビ
    ****
* * 34.2 7 11.9 492 0 安田隆
15 *

2

3 アルマワイオリ 牡5 56 アッゼニ 1.10.3 5
    ****
* * 35.5 13 51.0 488 +6 西浦
中止 *

5

9 メラグラーナ 牝5 55 シュタル
    ****
* * 2 5.5 528 +6 池添学

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.3 45.3 56.5
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.3 10.7 11.3 11.0 11.2 12.3
払戻金
単勝

4

3,690円

馬単

4-6

45,190円

複勝

4

6

14

1,160円

380円

1,330円

ワイド

4-6

4-14

6-14

7,320円

17,860円

6,390円

枠連

2-3

4,420円

3連複

4-6-14

295,980円

馬連

4-6

23,390円

3連単

4-6-14

1,674,510円

勝因敗因

 ネロ(1着)吉原騎手 スタートが決まれば行ってほしいと言われていました。ハナを切れれば本当に渋太いし、うまくこの馬の勝ちパターンに持ち込めましたね。お世話になっている森先生の馬で初重賞を獲れたのも嬉しいですね。

次走へのメモ

ネロ……11キロ増も太目感なし。押して押してハナ。行き切るまでには脚を使ったが、そこからはマイペースで運び、前半と後半の3ハロンのタイムはほぼ同じ。直線も粘りに粘って、しっかり押し切る。少し時計がかかったとはいえ、良馬場でこれだけやれたのにはビックリ。

前へ

上へ