2017年4月8日 (当日の馬場情報)

3回中山5日目

12

サラ4歳以上

[指定],500万下,定量

(ダート・右)

曇・不良

  1. 750万
  2. 300万
  3. 190万
  4. 110万
  5. 75万

レコード1.08.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

4

8 ウインバローラス 牡5 57 岩田康 1.10.9
    ****
* * 36.3 4 8.7 488 -12 奥平雅
2 *

5

9 キチロクステージ 牡4 57 二本柳 1.11.1 1 1/4
    ****
* * 35.6 5 17.4 472 0 二本柳
3 *

3

5 キョウエイスコール 牡4 57 戸崎 1.11.1 クビ
    ****
* * 36.2 2 3.8 494 0 勢司
4 *

8

15 タイセイラビッシュ 牡5 57 内田博 1.11.3 1 1/4
    ****
* * 36.6 1 2.6 488 -6 青木
5 *

7

13 ティアップサンダー 牡5 57 大野 1.11.4 クビ
    ****
* * 35.7 7 23.7 490 +6 小野次
6 *

2

4 プッシュアゲン 牡4 57 田中勝 1.11.4 クビ
    ****
* * 36.2 8 24.2 498 0 中野栄
7 *

2

3 コスモコレクション 牡4 57 柴田大 1.11.5 3/4
    ****
* * 36.1 11 32.3 478 -2 矢野英
8 *

3

6 ユアザスター 牡4 57 北村宏 1.11.6 クビ
    ****
* * 36.0 6 18.1 502 -2 伊藤圭
9 *

8

16 ナミノリゴリラ 牝5 52 野中 1.11.7 3/4
    ****
* * 37.6 14 83.7 490 +12 高橋祥
10 *

5

10 ロマンティックサン 牡4 57 吉田隼 1.11.7 クビ
    ****
* * 36.5 15 168.8 472 -12 古賀史
11 *

1

2 トモジャポルックス 牡4 54 横山武 1.12.1 2 1/2
    ****
* * 37.9 12 42.3 484 0 鈴木伸
12 *

1

1 パーソナルブルー 牡4 56 木幡巧 1.12.5 2 1/2
    ****
* * 36.9 13 57.3 468 -6 松山将
13 *

6

12 チェルカトーレ 牝5 55 田辺 1.12.8 1 1/2
    ****
* * 37.7 10 29.2 430 0 菊川
14 *

7

14 オープンザウェイ 牡5 57 シュタル 1.13.3 3
    ****
* * 37.4 3 7.3 468 0 田村
15 *

6

11 プラセンタ 牝5 55 松岡 1.13.5 1 1/4
    ****
* * 37.4 16 214.3 464 +6 南田
16 *

4

7 オレオールカフェ 牡4 57 江田照 1.13.9 2 1/2
    ****
* * 39.0 9 28.3 458 0 小島太

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.1 46.0 58.1
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.1 10.7 11.3 11.9 12.1 12.8
払戻金
単勝

8

870円

馬単

8-9

12,880円

複勝

8

9

5

220円

310円

170円

ワイド

8-9

5-8

5-9

1,650円

520円

910円

枠連

4-5

3,880円

3連複

5-8-9

6,880円

馬連

8-9

6,310円

3連単

8-9-5

52,220円

勝因敗因

 ウインバローラス(1着)岩田騎手 ペース自体は速かったが、スムーズに3番手につけられたし、そこでずっと手応えも楽だったからね。強いレースで勝つことができたと思うよ。

次走へのメモ

ウインバローラス……デキ落ちなし。前2頭を深追いせず、好位の3番手で道中の手応えは十分。直線半ばで先頭に躍り出ると、後続の追撃を寄せつけずに快勝。展開は味方したが、速い時計の決着に対応できたことは収穫。

前へ

上へ