2017年6月17日 (当日の馬場情報)

3回東京5日目

5

サラ2歳

[指定],(混),新馬

(ダート・左)

晴・良

  1. 700万
  2. 280万
  3. 180万
  4. 110万
  5. 70万

レコード1.23.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

7

14 マイネルユキツバキ 牡2 54 柴田大 1.27.1
    ****
* * 38.1 1 2.1 500 高木登
2 *

1

2 コスモジョーカー 牡2 54 津村 1.27.8 4
    ****
* * 39.6 6 24.2 458 和田雄
3 *

2

4 タマスカイブルー 牡2 54 石川裕 1.27.9 3/4
    ****
* * 39.5 5 14.3 470 相沢
4 *

5

10 ミスティカル 牡2 54 横山典 1.28.0 クビ
    ****
* * 39.1 2 3.2 458 田村
5 *

3

6 ムルシェラゴ 牡2 54 北村宏 1.29.0 6
    ****
* * 39.0 3 10.4 514 奥村武
6 *

4

7 ドリュウ 牡2 54 岩部 1.29.0 クビ
    ****
* * 40.5 10 59.3 432 土田
7 *

8

16 ウサギノパンチ 牡2 54 石橋脩 1.29.8 5
    ****
* * 38.9 7 36.7 440 堀井
8 *

2

3 ファイアプルーフ 牡2 51 藤田菜 1.30.0 1 1/4
    ****
* * 38.0 9 45.9 498 根本
9 *

3

5 オペラカイジン 牡2 54 吉田豊 1.31.2 7
    ****
* * 39.8 4 13.7 450 小西
10 *

6

11 ノーホームワーク 牡2 52 1.31.8 3 1/2
    ****
* * 40.7 14 150.0 464 和田郎
11 *

5

9 アリーヤベント 牝2 54 大野 1.31.9 クビ
    ****
* * 40.6 12 91.1 442 萱野
12 *

4

8 マロンスライム 牡2 54 伊藤工 1.32.1 1 1/4
    ****
* * 42.6 13 144.3 420 石毛
13 *

6

12 キャンドルロード 牡2 54 宮崎北 1.32.2 3/4
    ****
* * 41.7 11 77.1 468 高橋博
14 *

7

13 モッポサン 牡2 54 嘉藤 1.32.5 1 3/4
    ****
* * 40.5 8 44.9 492 田中清
15 *

1

1 クラウンレガシー セン2 54 西田 1.33.5 6
    ****
* * 41.0 15 201.3 490 田中剛
除外 *

8

15 パーラミター 牝2 54 江田照
    ****
* * 490 伊藤伸

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.8 48.2 1.00.9 1.13.9
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.7 11.5 11.6 12.4 12.7 13.0 13.2
払戻金
単勝

14

210円

馬単

14-2

2,320円

複勝

14

2

4

120円

360円

260円

ワイド

2-14

4-14

2-4

660円

470円

1,530円

枠連

1-7

2,690円

3連複

2-4-14

4,370円

馬連

2-14

1,560円

3連単

14-2-4

15,710円

勝因敗因

 マイネルユキツバキ(1着)柴田大騎手 乗り味がいい馬でこれで負けたら相手が悪かっただけだと思っていました。最後はキッチリ伸びてくれましたが、追走に忙しかったので距離は延びた方が良さそうです。それに時計はまだ詰められると思いますよ。

次走へのメモ

マイネルユキツバキ……好馬体。発馬は五分。押して押して外目を上がっていき、3角過ぎには5番手まで進出。前にミスティカルを見る形で押っつけ通しでついていく。しかし、直線に向いて勢いがつくと、左手前のままでも力強く伸び、後続を離して楽勝。器用さには欠けるものの、将来性を感じさせた。

前へ

次へ

上へ