2017年2月12日 (当日の馬場情報)

2回京都6日目

12

サラ4歳以上

[指定],(混),1000万下,定量

(ダート・右)

晴・重

  1. 1050万
  2. 420万
  3. 260万
  4. 160万
  5. 105万

レコード1.09.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

8

15 クリノリーソクツモ 牝5 55 小牧太 1.11.2
    ****
* * 36.0 12 91.4 442 0 作田
2 *

5

9 メイショウカロッタ 牡5 55 城戸 1.11.5 2
    ****
* * 36.5 8 23.6 496 +4 南井
3 *

1

2 アレット セン6 57 1.11.6 1/2
    ****
* * 36.8 7 15.0 522 +10 岡田
4 *

7

13 ウインオスカー 牡4 57 和田竜 1.11.6 クビ
    ****
* * 37.3 3 4.6 506 +4 飯田雄
5 *

8

16 ボーサンシー 牡4 57 ムーア 1.11.7 1/2
    ****
* * 36.4 4 7.6 532 -4 池添学
6 *

4

7 ティップトップ 牝6 55 浜中 1.11.8 クビ
    ****
* * 35.4 5 11.1 516 0 千田
7 *

5

10 エイシンカーニバル 牡5 57 Mデムー 1.11.8 アタマ
    ****
* * 36.8 1 3.4 470 -4 今野
8 *

6

11 サンライズトーク セン7 57 鮫島良 1.11.8 クビ
    ****
* * 36.7 9 30.1 500 -2 渡辺
9 *

3

5 グリューヴァイン 牝5 55 松若 1.12.0 3/4
    ****
* * 36.1 10 67.6 460 0 牧田
10 *

1

1 ヨウライフク セン5 57 フォーリ 1.12.4 2 1/2
    ****
* * 37.7 6 11.8 508 0 奥村豊
11 *

2

4 ヒカルランナー 牡8 57 石神 1.12.9 3
    ****
* * 35.4 16 292.7 522 0 柄崎
12 *

7

14 ツウローゼズ 牝5 52 三津谷 1.13.1 1 1/4
    ****
* * 37.9 11 70.5 486 0 高橋祥
13 *

2

3 ケルシャンス 牝6 55 池添 1.13.4 1 3/4
    ****
* * 36.4 13 111.8 436 -2 加藤征
14 *

4

8 ウォーターメアヌイ 牝5 55 武幸 1.13.4 アタマ
    ****
* * 38.0 14 167.7 430 -2 田所秀
15 *

3

6 メモリーレーン 牝6 55 川島信 1.14.9 9
    ****
* * 40.1 15 197.7 482 +4 荒川
中止 *

6

12 コパノリスボン 牡4 57 川田
    ****
* * 2 4.3 508 +2 村山

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.3 46.5 58.6
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.2 10.6 11.5 12.2 12.1 12.6
払戻金
単勝

15

9,140円

馬単

15-9

219,460円

複勝

15

9

2

1,640円

770円

460円

ワイド

9-15

2-15

2-9

19,910円

12,350円

3,630円

枠連

5-8

1,500円

3連複

2-9-15

246,720円

馬連

9-15

90,040円

3連単

15-9-2

2,295,280円

勝因敗因

 クリノリーソクツモ(1着)小牧太騎手 いつもある程度出していって案外だったから、今日は外枠ということもあってタメる形を取った。それがうまくいったように思う。それにしても外を回って最後までしっかり伸びたし、強い勝ちっぷりだった。

次走へのメモ

クリノリーソクツモ……中団の外を手応え良く追走。追われてからもしっかりと反応、鋭く抜け出して2馬身差の快勝を収める。1200メートルだと甘くなっていたのが、嘘のような勝ちっぷり。攻めも動いていなかっただけに、この変わり身にはビックリ。

前へ

上へ