2017年8月13日 (当日の馬場情報)

1回札幌6日目WIN5 

12

大雪ハンデキャップ

[指定],(混),1000万下,ハンデ

(ダート・右)

曇・重

  1. 1500万
  2. 600万
  3. 380万
  4. 230万
  5. 150万

レコード1.40.9

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

5

7 ドラゴンシュバリエ 牡4 55 岩田康 1.42.6
    ****
* * 35.8 1 2.7 502 -6 角田
2

*

4

6 ディアドナテロ 牡5 55 藤岡佑 1.42.7 1/2
    ****
* * 35.5 4 10.6 480 -2 池上弘
3

*

3

4 スマイルフォース 牡5 53 国分恭 1.42.8 1/2
    ****
* * 35.7 10 86.8 458 +6 森田
4

*

8

14 ディーズプラネット 牝4 56 四位 1.42.9 3/4
    ****
* * 36.0 2 4.1 502 -6 藤原辰
5

*

2

2 デグニティクローズ 牡6 55 1.43.0 3/4
    ****
* * 36.3 8 22.6 536 +2 栗田徹
6

*

1

1 テイエムコンドル 牡6 54 丸山 1.43.3 2
    ****
* * 35.2 6 12.2 468 +2 石栗
7

*

7

11 ノースランドボーイ セン5 54 勝浦 1.43.4 クビ
    ****
* * 36.2 7 14.3 486 -10 萱野
8

*

5

8 サトノプライム 牡3 53 古川吉 1.43.4 クビ
    ****
* * 35.9 5 10.7 484 -6 南井
9

*

6

9 ダイチヴュルデ 牡6 53 井上敏 1.43.5 クビ
    ****
* * 35.8 13 198.9 440 -12 蛯名
10

*

8

13 バニーテール 牝3 52 坂井瑠 1.43.5 アタマ
    ****
* * 36.4 3 4.7 474 -2 中内田
11

*

4

5 ロマンホープ 牡5 53 菱田 1.43.7 1 1/4
    ****
* * 35.8 12 142.9 464 -2 松永康
12

*

6

10 アルティマウェポン 牝4 53 左海 1.43.9 1 1/4
    ****
* * 36.4 9 47.7 466 -8 藤岡健
13

*

7

12 エリモグレイス 牡4 54 1.44.2 2
    ****
* * 36.7 11 106.8 482 -18 中野栄
除外

*

3

3 カレンジラソーレ 牡4 54 藤岡康
    ****
* * 488 +2 平田

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
36.3 48.7 1.00.7 1.12.7 1.24.5 1.36.5
ラップタイム
100m 300m 500m 700m 900m 1100m 1300m 1500m 1700m
7.0 11.0 11.9 12.7 12.1 12.0 11.9 11.7 12.3
払戻金
単勝

7

270円

馬単

7-6

1,870円

複勝

7

6

4

160円

240円

1,090円

ワイド

6-7

4-7

4-6

360円

3,660円

6,610円

枠連

4-5

1,130円

3連複

4-6-7

22,130円

馬連

6-7

1,090円

3連単

7-6-4

88,340円

勝因敗因

 ドラゴンシュバリエ(1着)岩田騎手 この北海道で一番元気が良かったです。55キロというハンデも良かったですし、4角まで手綱を引っ張ったきりでレースができた分、何とか我慢できました。

次走へのメモ

ドラゴンシュバリエ……チークピーシズ。内からハナを主張したデグニティクローズを見ながら2番手。何とか我慢を利かせると、抑え切れないくらいの手応えでこれを交わし、直線で先頭へ。そのまま押し切る。よほど環境や条件が合うのか、今夏の充実ぶりには目を見張る。競馬ぶりが常識にかかり軌道に乗ってきた。岩田騎手は9Rから4連勝。

前へ

上へ