2016年12月23日 (当日の馬場情報)

5回中山7日目

8

サラ3歳以上

[指定],(混),1000万下,定量

(ダート・右)

晴・重

  1. 1050万
  2. 420万
  3. 260万
  4. 160万
  5. 105万

レコード1.08.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

5

10 アメリカントップ 牡3 56 戸崎 1.10.7
    ****
* * 37.6 1 1.9 532 +8 藤岡健
2 *

5

9 ファンシーリシェス 牝4 54 石川裕 1.10.9 1 1/4
    ****
* * 37.3 7 19.7 462 0 大和田
3 *

4

7 アトランタ 牡4 57 武士沢 1.10.9 ハナ
    ****
* * 37.9 8 20.3 550 +8 古賀史
4 *

7

14 ミキノグランプリ 牡5 55 木幡初 1.11.0 クビ
    ****
* * 37.1 4 8.7 474 -2 南井
5 *

6

12 フィラーレ 牡5 57 蛯名 1.11.1 3/4
    ****
* * 36.8 15 145.1 470 +6 土田
6 *

3

6 マレーナ 牝5 55 北村宏 1.11.2 1/2
    ****
* * 37.8 5 9.9 490 +10 手塚
7 *

2

3 オルフィーク 牝4 53 井上敏 1.11.3 3/4
    ****
* * 38.0 14 108.0 496 -2 小桧山
8 *

1

2 ディアドナテロ 牡4 57 吉田豊 1.11.3 ハナ
    ****
* * 37.4 12 64.9 484 +6 池上弘
9 *

8

16 ブロワ 牝3 51 野中 1.11.7 2 1/2
    ****
* * 38.4 3 8.4 470 +4 尾関
10 *

6

11 ブラウンカイ 牡5 55 1.11.7 アタマ
    ****
* * 37.8 11 60.0 474 0 武藤
11 *

1

1 スナッチアキス 牝4 54 長岡 1.11.7 ハナ
    ****
* * 37.1 9 26.7 436 +2 高市
12 *

4

8 ナムラバイオレット 牝3 52 木幡巧 1.11.8 3/4
    ****
* * 38.3 6 15.2 494 +10 岩戸
13 *

2

4 トロピカルガーデン 牝4 55 津村 1.11.9 クビ
    ****
* * 37.3 13 85.6 484 0 武藤
14 *

3

5 カンタベリーマイン 牡3 56 丸田 1.12.1 1 1/2
    ****
* * 37.5 10 56.7 466 +14 石栗
15 *

7

13 サノココ 牝3 54 田辺 1.12.3 1 1/4
    ****
* * 38.6 2 8.3 496 0 栗田徹
取消 *

8

15 フクノグリュック 牡4 57 横山典
    ****
* * 杉浦

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
33.0 45.1 57.5
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
11.5 10.3 11.2 12.1 12.4 13.2
払戻金
単勝

10

190円

馬単

10-9

2,550円

複勝

10

9

7

130円

450円

460円

ワイド

9-10

7-10

7-9

880円

780円

3,770円

枠連

5-5

1,880円

3連複

7-9-10

7,370円

馬連

9-10

2,020円

3連単

10-9-7

22,440円

勝因敗因

 アメリカントップ(1着)戸崎騎手 前に行かなくては駄目な馬ですから、思い切った競馬をしました。この馬の強さは分かっていましたが、最後まで楽な手応えで走れました。強かったですね。

次走へのメモ

アメリカントップ……ブリンカー。好馬体。適度に気合も乗って、気配目立つ。テンは軽く気合をつけ、道中は2番手をガッチリとキープ。スムーズな競馬で、直線に向いても手応えは楽。逃げた馬が思いのほか渋太かったが、残り50メートル付近で抜け出す。速い馬場は得意のようで、持ち時計を更に短縮。昇級緒戦でも快勝だった。

前へ

次へ

上へ