2016年6月5日 (当日の馬場情報)

3回阪神2日目

3

サラ3歳

[指定],未勝利

(ダート・右)

雨・不良

  1. 480万
  2. 190万
  3. 120万
  4. 72万
  5. 48万

レコード1.21.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

5

9 ゴットロマーネ 牡3 56 藤岡佑 1.23.7
    ****
* * 36.1 5 11.8 472 -8 木原
2 *

6

12 メイショウユメマル 牡3 56 武幸 1.23.7 クビ
    ****
* * 36.3 1 2.2 502 0 河内
3 *

3

5 ファイナルレーサー 牡3 56 松山 1.24.6 5
    ****
* * 36.9 8 25.0 490 -4 高橋亮
4 *

3

6 アンカー 牡3 56 森一 1.24.6 アタマ
    ****
* * 36.5 14 126.1 474 -2 松永昌
5 *

6

11 マコトシャムロック 牡3 54 加藤祥 1.24.6 ハナ
    ****
* * 36.7 4 11.5 492 -2 松田国
6 *

4

8 ホッコーフウガ 牡3 56 1.24.7 クビ
    ****
* * 36.9 7 21.1 484 +6 西浦
7 *

7

14 ドンボラーレ 牡3 56 藤懸 1.24.7 ハナ
    ****
* * 37.0 2 4.1 440 -4 牧浦
8 *

2

4 グランアルバス 牡3 56 松若 1.25.2 3
    ****
* * 37.2 6 17.4 460 -2
9 *

7

13 ゼットマックイーン 牡3 56 池添 1.25.5 2
    ****
* * 36.7 10 41.1 464 +18 池添兼
10 *

8

15 タガノキングパワー 牡3 56 古川吉 1.26.0 3
    ****
* * 37.1 9 36.0 474 +8
11 *

8

16 カタヨクノテンシ 牡3 55 中井 1.26.3 2
    ****
* * 38.5 15 485.5 500 -10 飯田雄
12 *

1

2 ソフィアエレガンテ 牝3 52 城戸 1.26.9 3 1/2
    ****
* * 38.3 16 668.7 424 +6 田中章
13 *

2

3 ニホンピロフィート 牡3 56 秋山 1.26.9 クビ
    ****
* * 38.1 11 71.2 510 -2 服部
14 *

1

1 ゾンコラン 牡3 56 戸崎 1.27.2 2
    ****
* * 38.3 3 6.5 478 -4 大久龍
15 *

4

7 フラムルージュ 牡3 53 荻野極 1.27.3 クビ
    ****
* * 38.1 13 122.6 440 -8 加用
中止 *

5

10 メイショウトーリ 牡3 56 太宰
    ****
* * 12 83.3 448 +4 安達

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.1 47.4 59.5 1.11.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.7 10.9 11.5 12.3 12.1 11.9 12.3
払戻金
単勝

9

1,180円

馬単

9-12

3,010円

複勝

9

12

5

250円

120円

430円

ワイド

9-12

5-9

5-12

420円

2,420円

790円

枠連

5-6

870円

3連複

5-9-12

4,880円

馬連

9-12

1,020円

3連単

9-12-5

28,210円

勝因敗因

 ゴットロマーネ(1着)藤岡佑騎手 初めて乗りましたが、いいところのありそうな馬ですね。馬場を考えて早目の競馬を意識したけど、坂上からも渋太く伸びてくれました。本来はもう一列、後ろでタメた方がいいタイプだと思うので、良馬場でそういう競馬をした方がいいと思います。

次走へのメモ

ゴットロマーネ……今日はスタートを決めて無理せず2番手から。これが大きかった。直線はメイショウユメマルとの差がなかなか詰まらず、残り1ハロンで一旦は突き放されているが、坂を上がってからグイッとひと伸び。相手を捉え切った。

前へ

次へ

上へ