2016年5月1日 (当日の馬場情報)

3回京都4日目

1

サラ3歳

[指定],牝馬,未勝利

(ダート・右)

晴・稍重

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.21.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

3

5 ナオミベガス 牝3 54 ルメール 1.26.2
    ****
* * 37.0 1 2.2 458 +2 吉村
2

*

2

4 オールスマイル 牝3 54 太宰 1.26.4 1 1/2
    ****
* * 37.0 3 5.9 456 +4 橋口慎
3

*

5

9 アルマレイモミ 牝3 54 川田 1.27.1 4
    ****
* * 38.5 4 6.9 444 +6 西浦
4

*

6

12 セトノチーター 牝3 54 福永 1.27.3 1
    ****
* * 39.2 2 4.7 442 +4 鈴木孝
5

*

5

10 ゼットガガ 牝3 54 松山 1.27.4 3/4
    ****
* * 37.7 10 48.0 452 +2 池添兼
6

*

3

6 キョウワエステル 牝3 54 武豊 1.27.5 クビ
    ****
* * 37.9 5 15.0 464 -8 千田
7

*

8

15 ヴィーヴァテキーラ 牝3 54 藤岡佑 1.27.5 ハナ
    ****
* * 39.2 8 35.1 518 作田
8

*

4

8 ダウンタウンブギ 牝3 54 池添 1.27.9 2 1/2
    ****
* * 39.1 12 106.8 458 0 角田
9

*

7

13 ブボナ 牝3 54 松若 1.28.0 1/2
    ****
* * 39.8 13 145.2 468 +6 石橋
10

*

1

1 フジクイーン 牝3 54 三浦 1.28.6 3 1/2
    ****
* * 40.0 6 15.6 470 -2 加用
11

*

8

16 アップセットウィン 牝3 54 丸山 1.28.8 3/4
    ****
* * 39.7 15 165.6 454 0 笹田
12

*

7

14 ラガーダンスドール 牝3 52 1.28.9 3/4
    ****
* * 40.3 9 43.3 446 +8 大久龍
13

*

6

11 ジューンマドレーヌ 牝3 54 松田 1.28.9 クビ
    ****
* * 40.6 11 76.7 452 +2 今野
14

*

2

3 ハーマイオニー 牝3 54 川島信 1.28.9 ハナ
    ****
* * 39.4 14 164.9 456 +18 渡辺
15

*

1

2 オカミサン 牝3 54 小林徹 1.30.0 7
    ****
* * 40.5 16 279.9 442 -2
16

*

4

7 タカイチモン 牝3 52 城戸 1.31.4 9
    ****
* * 43.3 7 27.7 424 +6 田中章

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.6 48.1 1.00.9 1.13.8
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.1 11.1 12.4 12.5 12.8 12.9 12.4
払戻金
単勝

5

220円

馬単

5-4

800円

複勝

5

4

9

120円

140円

160円

ワイド

4-5

5-9

4-9

290円

370円

450円

枠連

2-3

570円

3連複

4-5-9

1,020円

馬連

4-5

620円

3連単

5-4-9

3,250円

勝因敗因

 ナオミベガス(1着)ルメール騎手 ゲートがそう速くないし、砂を被って嫌がるところもあったね。それでも追い出してからの反応が良く、直線では前の馬をスッと交わしてくれた。距離は延びても大丈夫。

次走へのメモ

ナオミベガス……仕上がる。中団から。勝負どころでズブさを覗かせたものの、デビュー戦と比べれば遥かにスムーズに流れに乗れていた。上がりがかかって先行馬が止まる流れではあったが、それにしても直線は鮮やかに突き抜けた。時計は平凡で昇級戦でどうかだが、ここでは力が違った感じ。

次へ

上へ