2016年3月21日 (当日の馬場情報)

2回中京4日目

1

サラ3歳

[指定],未勝利

(芝A・左)

晴・稍重

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.32.8

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

5 ラベンダーメモリー 牝3 54 松田 1.38.3
    ****
* * 36.0 4 10.6 430 -4 岩戸
2 *

2

3 クレーデリンテ 牝3 54 和田竜 1.38.3 クビ
    ****
* * 35.8 6 13.3 454 -6 斎藤誠
3 *

5

9 テーオーピコタン 牝3 54 Mデムー 1.38.6 1 3/4
    ****
* * 35.9 1 2.8 472 +6 浜田
4 *

6

11 ショーストーム 牡3 56 藤岡康 1.38.7 3/4
    ****
* * 35.8 2 3.2 470 -4 森田
5 *

4

7 アラマサスピード 牡3 56 高倉 1.38.8 1/2
    ****
* * 36.4 13 144.8 430 -2 高橋裕
6 *

8

16 ヘイハチハピネス 牝3 54 国分恭 1.38.8 クビ
    ****
* * 35.2 15 196.7 442 +12 作田
7 *

1

1 テイエムタービン 牝3 54 古川吉 1.38.9 クビ
    ****
* * 36.1 9 28.4 424 +2 木原
8 *

6

12 アウズ 牡3 56 1.38.9 クビ
    ****
* * 36.1 5 13.0 452 0 鈴木孝
9 *

2

4 セントラルルーク 牝3 54 バルジュ 1.38.9 ハナ
    ****
* * 36.2 8 18.2 468 +8 佐々晶
10 *

5

10 フラワーファースト 牝3 54 菱田 1.39.0 クビ
    ****
* * 35.6 7 17.4 472 +14 岡田
11 *

4

8 ミネット 牝3 54 杉原 1.39.0 クビ
    ****
* * 35.8 3 8.3 432 -12 藤沢和
12 *

8

15 ベルフラワー 牝3 54 丹内 1.39.3 2
    ****
* * 35.9 11 38.6 428 +4 西園
13 *

1

2 ハヤブサミカリン 牝3 54 吉田隼 1.39.6 1 1/2
    ****
* * 36.6 10 32.9 454 -8 高柳瑞
14 *

7

13 ニガオエ 牝3 51 原田和 1.39.6 アタマ
    ****
* * 35.7 16 400.5 412 -22 小桧山
15 *

7

14 ヤマニンエトフ 牝3 54 丸山 1.39.7 1/2
    ****
* * 36.6 12 135.4 430 -8 中川
16 *

3

6 コスモオリオン 牡3 56 津村 1.39.9 1 1/4
    ****
* * 36.4 14 154.3 448 池上和

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
37.1 49.3 1.02.3 1.14.9 1.26.6
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.9 11.9 12.3 12.2 13.0 12.6 11.7 11.7
払戻金
単勝

5

1,060円

馬単

5-3

11,220円

複勝

5

3

9

290円

320円

160円

ワイド

3-5

5-9

3-9

1,520円

830円

650円

枠連

2-3

3,180円

3連複

3-5-9

5,550円

馬連

3-5

5,490円

3連単

5-3-9

55,360円

勝因敗因

 ラベンダーメモリー(1着)松田騎手 楽に行かせてもらいました。後ろからのプレッシャーもないまま、リズム良く走れたのが勝因でしょう。

次走へのメモ

ラベンダーメモリー……ダッシュを利かせて楽にハナへ。アラマサスピードが競り合いを避けたことで、道中は緩いペースに持ち込めた。直線は芝が傷んでいない内ラチ沿いで粘り込み。ゴール間際だけクレーデリンテに詰め寄られたが、危なげなし。

次へ

上へ