2015年7月12日 (当日の馬場情報)

2回福島4日目

8

サラ3歳以上

[指定],(混),500万下,定量

(ダート・右)

晴・良

  1. 750万
  2. 300万
  3. 190万
  4. 110万
  5. 75万

レコード1.43.3

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

2

3 ワイドリーザワン 牡3 54 北村宏 1.45.9
    ****
* * 37.4 2 5.3 458 +6 奥村武
2 *

3

5 サムライノモン 牡4 57 江田照 1.45.9 クビ
    ****
* * 39.2 4 7.2 546 -2 矢野英
3 *

5

9 ポルスターシャイン 牡5 57 柴田善 1.46.0 1/2
    ****
* * 38.7 6 8.3 480 +6 根本
4 *

4

6 オメガグランディス 牡4 57 Mデムー 1.46.5 3
    ****
* * 38.9 8 14.9 498 -6 勢司
5 *

7

13 トーセンスパンキー 牡3 54 小野寺 1.46.7 1 1/4
    ****
* * 39.7 11 37.0 498 0 木村
6 *

6

10 ピアシングステア 牡3 54 田辺 1.46.7 クビ
    ****
* * 39.8 1 4.8 490 +14
7 *

8

15 ダンディーソル 牡5 54 石川裕 1.46.8 クビ
    ****
* * 39.8 9 17.3 488 -2 田村
8 *

8

14 アンジュリンブレス 牡3 54 大野 1.46.9 1/2
    ****
* * 39.1 3 6.8 490 0 高木登
9 *

3

4 ジャジャンケン 牡3 54 嘉藤 1.46.9 クビ
    ****
* * 39.7 10 27.8 502 -4 松永康
10 *

1

1 ポルトボナール 牡3 54 内田博 1.46.9 ハナ
    ****
* * 39.1 5 7.3 492 +6 武井
11 *

7

12 ハイアーヴォルト 牡3 54 吉田豊 1.47.0 クビ
    ****
* * 39.6 7 9.6 466 0 尾形充
12 *

4

7 ベールグリーン 牡5 54 野中 1.47.1 3/4
    ****
* * 39.8 13 184.3 508 +6 根本
13 *

5

8 トウカイチャーム 牡7 57 西田 1.47.3 3/4
    ****
* * 39.2 12 68.7 472 -2 栗田博
14 *

2

2 テイエムスサノオー 牡3 54 原田和 1.51.1 大差
    ****
* * 43.3 14 232.3 454 +12 石栗
除外 *

6

11 タマモマズルカ 牡4 57 蛯名
    ****
* * 524 +4 伊藤圭

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
35.7 48.0 1.00.5 1.13.1 1.25.9 1.39.2
ラップタイム
100m 300m 500m 700m 900m 1100m 1300m 1500m 1700m
7.1 11.0 11.5 12.1 12.6 12.4 12.7 13.0 13.5
払戻金
単勝

3

530円

馬単

3-5

5,210円

複勝

3

5

9

220円

260円

190円

ワイド

3-5

3-9

5-9

1,190円

680円

1,150円

枠連

2-3

2,370円

3連複

3-5-9

6,730円

馬連

3-5

2,630円

3連単

3-5-9

26,490円

勝因敗因

 ワイドリーザワン(1着)北村宏騎手 まだ後ろがしっかりしてないので前半はゆっくり運びました。でも、徐々にスピードに乗って行けました。今日は前が速くなって展開も味方しましたからね。まだ本物ではないので、これから良くなる馬だと思います。

次走へのメモ

ワイドリーザワン……好馬体。出脚が鈍く、砂を被って嫌がったのか、道中は押っつけ気味で、離れた最後方。それでも、勝負どころで馬群に取りつくと、直線は大外から豪快に伸びて鮮やかな差し切り勝ち。展開が味方したことは確かだが、決め手は上のクラスでも通用。

前へ

次へ

上へ