2015年2月1日 (当日の馬場情報)

1回東京2日目WIN5 

9

セントポーリア賞

(指定),(混),500万下,馬齢

(芝D・左)

晴・良

  1. 1000万
  2. 400万
  3. 250万
  4. 150万
  5. 100万

レコード1.44.2

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

4 ドゥラメンテ 牡3 56 石橋脩 1.46.9
    ****
* * 34.1 1 1.7 488 +14
2 *

8

13 ウェルブレッド 牡3 56 武豊 1.47.8 5
    ****
* * 34.3 7 18.5 434 +2 加藤征
3 *

1

1 グラブザフラッグ 牡3 56 三浦 1.47.8 アタマ
    ****
* * 35.3 12 141.9 480 0 中竹
4 *

8

14 ノースストーム 牡3 56 蛯名 1.47.9 クビ
    ****
* * 34.7 6 16.2 464 -10 藤岡健
5 *

6

9 ジェネラルゴジップ 牡3 56 Cデムー 1.47.9 アタマ
    ****
* * 34.9 2 7.2 462 -4 平田
6 *

6

10 ラブユアマン 牡3 56 Fベリー 1.47.9 アタマ
    ****
* * 35.2 3 7.9 452 +8 尾関
7 *

4

6 ダイワエキスパート 牡3 56 後藤浩 1.48.2 2
    ****
* * 34.8 10 87.5 440 +4 鹿戸雄
8 *

2

2 ボルゲーゼ 牡3 56 北村宏 1.48.4 1 1/4
    ****
* * 36.1 4 8.0 470 0 木村
9 *

7

11 トゥルッリ 牡3 56 横山典 1.48.4 ハナ
    ****
* * 35.3 8 35.2 474 0 田村
10 *

7

12 エニグマバリエート 牡3 56 福永 1.48.6 1 1/4
    ****
* * 35.1 5 13.2 476 -6 戸田
11 *

5

7 シャインアロー セン3 56 田中勝 1.49.0 2 1/2
    ****
* * 36.5 13 200.8 438 +6 浅野
12 *

4

5 マラケシュ 牝3 54 江田照 1.50.9 大差
    ****
* * 39.5 11 139.7 478 +6 佐藤吉
13 *

3

3 ラブブレイブ 牡3 56 田辺 1.51.5 3 1/2
    ****
* * 36.6 14 266.4 440 -5 南田
14 *

5

8 マルターズシャトル 牡3 56 吉田隼 1.51.7 3/4
    ****
* * 39.8 9 51.9 498 -10 堀井

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
35.1 46.7 58.8 1.11.4 1.23.9 1.35.1
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.6 11.1 11.4 11.6 12.1 12.6 12.5 11.2 11.8
払戻金
単勝

4

170円

馬単

4-13

1,800円

複勝

4

13

1

120円

420円

1,460円

ワイド

4-13

1-4

1-13

750円

2,660円

21,520円

枠連

3-8

770円

3連複

1-4-13

47,630円

馬連

4-13

1,440円

3連単

4-13-1

123,110円

勝因敗因

ドゥラメンテ(1着)石橋脩騎手 凄い馬ですね。今日はゲートのことなど不安な面を出さないよう心掛けて返し馬に入りましたが、落ち着いていていい気配でしたよ。厩舎サイドが一生懸命に調整してくれたおかげですね。レースは見ての通り。いつの間にか先頭に立っているような競馬でした。ここではちょっとレベルが違いました。

次走へのメモ

ドゥラメンテ……クロス鼻革。太目感なし。再審査明け、出は速くなく接触もあったが、ゲートの不安は無事クリア。中団ポケットで手応え十分。坂下で進路を確保すると持ったまま2ハロン標で先頭へ。そこからは文字通り独走、一気に引き離して5馬身差の圧勝。ちょっとモノが違う。

前へ

次へ

上へ