2015年1月5日 (当日の馬場情報)

1回京都2日目

11

万葉ステークス

国際,オープン,ハンデ

(芝A・右外)

晴・良

  1. 2300万
  2. 920万
  3. 580万
  4. 350万
  5. 230万

レコード3.01.0

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

3 ステラウインド 牡6 54 武豊 3.08.5
    ****
* * 33.8 3 7.1 482 +4 尾関
2 *

5

7 シャンパーニュ 牡4 50 小崎 3.08.5 アタマ
    ****
* * 34.0 6 16.3 490 +8 加用
3 *

4

4 ニューダイナスティ 牡6 55 浜中 3.08.5 クビ
    ****
* * 33.9 4 7.3 476 -8 石坂正
4 *

6

8 ショウナンラグーン 牡4 56 吉田豊 3.08.6 クビ
    ****
* * 33.7 1 2.4 484 +10 大久洋
5 *

6

9 スノードン 牡6 52 松山 3.08.6 クビ
    ****
* * 33.9 8 20.0 486 0 安田隆
6 *

8

12 アドマイヤケルソ 牡7 52 和田竜 3.08.8 1 1/4
    ****
* * 33.7 2 5.1 490 +6 橋田
7 *

7

11 ユニバーサルバンク 牡7 56 川田 3.09.0 1
    ****
* * 34.0 7 17.4 484 +6 松田博
8 *

1

1 メイショウタマカゼ 牡6 51 酒井学 3.09.0 クビ
    ****
* * 34.0 12 86.0 460 +10 荒川
9 *

5

6 グッドカフェ セン7 49 高倉 3.09.2 1 1/4
    ****
* * 33.7 11 50.6 490 -4 松元茂
10 *

8

13 ストロベリーキング 牡4 48 3.09.2 アタマ
    ****
* * 33.8 9 32.6 480 +6 崎山
11 *

2

2 タイタン 牡7 52 国分恭 3.09.3 3/4
    ****
* * 34.1 10 36.7 484 0 五十嵐
12 *

7

10 サイモントルナーレ 牡9 51 松若 3.09.6 1 3/4
    ****
* * 34.3 13 146.5 460 -4 田中清
13 *

4

5 サトノシュレン 牡7 53 秋山真 3.15.1 大差
    ****
* * 40.7 5 9.0 486 -2 村山

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m 2400m 2600m 2800m
37.3 50.1 1.03.1 1.16.0 1.29.5 1.42.5 1.55.5 2.08.8 2.22.0 2.34.4 2.46.2 2.57.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m 2400m 2600m 2800m 3000m
13.1 12.1 12.1 12.8 13.0 12.9 13.5 13.0 13.0 13.3 13.2 12.4 11.8 11.1 11.2
払戻金
単勝

3

710円

馬単

3-7

11,740円

複勝

3

7

4

240円

420円

260円

ワイド

3-7

3-4

4-7

1,960円

930円

1,620円

枠連

3-5

4,340円

3連複

3-4-7

13,030円

馬連

3-7

6,250円

3連単

3-7-4

86,780円

勝因敗因

ステラウインド(1着)武豊騎手 2周目では折り合いに苦労したが、そこで脚をタメることができたね。直線ではサーッと抜けてくれた。決して3000メートルが合うタイプとは思わないけど、状態の良さで踏ん張ってくれたね。

次走へのメモ

ステラウインド……体には気持ち余裕が感じられた。シャドーロール。スッと出脚がつき、4番手のインで行きたがるのをガッチリと抑えて追走。勝負どころでも手応えは十分。直線入り口でうまくラチ沿いに潜り込み、ビュッと加速して抜け出した。流れが遅かったことでスタミナが保った感もあるが、一瞬の脚をうまく生かした騎乗。

前へ

次へ

上へ