2014年11月15日 (当日の馬場情報)

5回東京3日目

11

第19回 武蔵野ステークス(GIII)

(指定),国際,オープン,別定

(ダート・左)

晴・良

  1. 3700万
  2. 1500万
  3. 930万
  4. 560万
  5. 370万

レコード1.34.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

6

11 ワイドバッハ 牡5 56 武豊 1.35.2
    ****
* * 35.7 7 9.7 478 +2 庄野
2 *

1

1 エアハリファ 牡5 56 三浦 1.35.3 1/2
    ****
* * 36.9 1 3.6 480 +2 角居
3 *

2

3 グレープブランデー 牡6 58 北村宏 1.35.8 3
    ****
* * 37.3 11 43.9 524 +3 安田隆
4 *

7

13 ダノンカモン 牡8 57 ブドー 1.35.9 1/2
    ****
* * 37.3 12 62.4 526 +5 池江寿
5 *

6

12 フィールザスマート 牡3 55 田中勝 1.36.0 3/4
    ****
* * 36.7 4 7.7 502 -2 新開
6 *

2

4 レッドアルヴィス 牡3 56 蛯名 1.36.1 クビ
    ****
* * 37.9 2 6.0 504 +8 安田隆
7 *

1

2 カチューシャ 牝5 54 田辺 1.36.1 クビ
    ****
* * 38.0 13 66.6 484 -4 角田
8 *

3

5 キョウワダッフィー 牡6 56 四位 1.36.2 3/4
    ****
* * 37.5 3 6.7 470 0 笹田
9 *

4

8 トウショウフリーク 牡7 56 柴田大 1.36.7 3
    ****
* * 38.3 10 34.7 486 0 今野
10 *

5

10 ゴールスキー 牡7 57 ムーア 1.36.7 クビ
    ****
* * 37.6 6 9.5 488 +4 池江寿
11 *

4

7 グランプリブラッド 牡5 56 松田 1.37.0 2
    ****
* * 38.0 14 152.9 436 -2 矢作
12 *

8

16 ロイヤルクレスト 牡6 56 古川吉 1.37.1 クビ
    ****
* * 38.2 8 11.2 520 -2 鈴木伸
13 *

5

9 メイショウカンパク 牡7 57 大野 1.37.2 1/2
    ****
* * 37.9 16 305.9 488 +2 荒川
14 *

8

15 アドマイヤロイヤル 牡7 56 内田博 1.37.3 3/4
    ****
* * 38.3 9 27.3 530 +7 橋田
15 *

7

14 タールタン 牡6 56 戸崎 1.37.4 クビ
    ****
* * 38.8 5 9.3 504 +6 吉村
16 *

3

6 レインボーペガサス 牡9 56 松岡 1.38.3 5
    ****
* * 39.3 15 255.4 500 0 鮫島

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
34.2 46.0 58.1 1.10.3 1.22.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.3 10.7 11.2 11.8 12.1 12.2 12.0 12.9
払戻金
単勝

11

970円

馬単

11-1

4,890円

複勝

11

1

3

300円

170円

1,020円

ワイド

1-11

3-11

1-3

860円

7,510円

3,190円

枠連

1-6

740円

3連複

1-3-11

32,590円

馬連

1-11

1,950円

3連単

11-1-3

167,440円

勝因敗因

ワイドバッハ(1着)武豊騎手 最後方からだったけど、この速い流れを楽に追走できたように今は状態がいいみたいだね。1400メートルで乗っていた時よりもいい感じだったし、力をつけてきた今なら1800メートルになっても切れる脚が使えるかもしれない。前は少し離れていたけど、残り1ハロンで交わせそうな勢い。強い内容だったね。

次走へのメモ

ワイドバッハ……五分に出たが、最後方まで下げる。道中は我慢させて、直線に向くタイミングで迷わず外へ。前半1000メートル通過が58秒1の速い流れに恵まれたにしても、直線は大外から鮮やかに差し切るのだから強かった。完全に本格化だろう。

前へ

次へ

上へ