2014年10月4日 (当日の馬場情報)

4回阪神7日目

11

第18回 シリウスステークス(GIII)

(指定),国際,オープン,ハンデ

(ダート・右)

曇・良

  1. 3500万
  2. 1400万
  3. 880万
  4. 530万
  5. 350万

レコード2.01.0

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

4 クリノスターオー 牡4 57.5 2.03.8
    ****
* * 35.6 1 3.0 530 +2 高橋忠
2 *

6

10 ナムラビクター 牡5 58 小牧太 2.03.9 3/4
    ****
* * 35.6 3 5.8 510 -16 福島信
3 *

5

7 トウシンイーグル セン6 55 和田竜 2.04.1 1 1/2
    ****
* * 35.5 7 12.0 474 +4 山内
4 *

8

14 サトノプリンシパル 牡4 55 武豊 2.04.2 クビ
    ****
* * 36.2 5 7.6 556 0 矢作
5 *

4

5 ケイアイレオーネ 牡4 56 浜中 2.04.2 クビ
    ****
* * 34.9 6 7.7 564 0 西浦
6 *

1

1 グランドシチー 牡7 58 津村 2.04.3 1/2
    ****
* * 35.9 8 46.7 480 -10 相沢
7 *

7

11 マイネルバイカ 牡5 55 川須 2.04.4 1/2
    ****
* * 35.5 14 171.3 486 +6 白井
8 *

7

12 ジャンナ 牡6 53 藤岡康 2.04.6 1 1/4
    ****
* * 36.2 13 165.1 482 -4 小笠
9 *

6

9 ジェベルムーサ 牡4 57 田辺 2.04.7 クビ
    ****
* * 35.7 2 5.6 546 -4 大竹
10 *

8

13 ソロル 牡4 57.5 蛯名 2.04.9 1 1/2
    ****
* * 36.4 4 7.1 492 +8 中竹
11 *

4

6 ファイヤー 牡6 54 松田 2.05.0 クビ
    ****
* * 36.1 12 145.2 520 +8 本田
12 *

2

2 ヴァンヌーヴォー 牡5 54 池添 2.05.0 クビ
    ****
* * 36.4 9 52.1 502 +2 角田
13 *

5

8 ラガートモヒーロ 牡5 54 藤田伸 2.05.7 4
    ****
* * 36.5 11 109.7 452 -8 柴田見
14 *

3

3 イッシンドウタイ 牡5 55 岩田康 2.06.3 3 1/2
    ****
* * 37.6 10 58.4 504 -6 伊藤圭

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
36.4 50.3 1.03.2 1.15.9 1.28.0 1.39.6 1.51.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
12.5 11.8 12.1 13.9 12.9 12.7 12.1 11.6 11.7 12.5
払戻金
単勝

4

300円

馬単

4-10

1,510円

複勝

4

10

7

140円

200円

280円

ワイド

4-10

4-7

7-10

410円

930円

1,480円

枠連

3-6

450円

3連複

4-7-10

4,280円

馬連

4-10

840円

3連単

4-10-7

15,330円

勝因敗因

クリノスターオー(1着)幸騎手 すぐに反応できなくて、4角で苦しい位置になりましたが、交わされてからもう一度火がついて、馬の力で勝つことができました。ゴール前も遊びながらという感じで、それで勝ってくれるんですから、着差以上に強い内容でしたね。

次走へのメモ

クリノスターオー……ピカピカの毛ヅヤで馬体の良さは目立っていたが、テンションは上がっていた。ポンと出たがハナを主張するサトノプリンシパルを行かせて少し離れた2番手に。理想の展開だったし、自身もスムーズに進めていたが、4角手前で直後で追走していたナムラビクターに並ばれてからは行きっぷりが怪しくなっていたし、直線入り口で先を越された時には急に脚いろが鈍ってズルッと後退。万事休すといった印象だったが、1ハロン標の少し手前から盛り返して追いついていき、前2頭の間に割って入ると、残り100メートルで抜け出して押し切った。

前へ

次へ

上へ