2014年10月26日 (当日の馬場情報)

4回京都7日目

5

サラ2歳

[指定],(混),新馬

(芝A・右内)

晴・良

  1. 700万
  2. 280万
  3. 180万
  4. 110万
  5. 70万

レコード2.00.3

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

4

7 タイセイアプローズ 牡2 55 松山 2.01.2
    ****
* * 34.1 12 41.5 464 宮本
2 *

5

9 オールマンリバー 牡2 55 浜中 2.01.4 1 1/4
    ****
* * 33.6 1 2.9 484 五十嵐
3 *

1

1 ウインガニオン 牡2 55 柴田大 2.01.4 ハナ
    ****
* * 35.8 8 21.4 468 西園
4 *

8

14 ドラゴンマジック 牡2 55 2.01.5 3/4
    ****
* * 34.2 7 13.3 506 高橋亮
5 *

3

5 ノースストーム 牡2 55 藤岡佑 2.01.8 1 3/4
    ****
* * 33.7 14 100.1 468 藤岡健
6 *

6

10 ラディカル 牡2 55 福永 2.01.8 クビ
    ****
* * 34.0 4 9.0 472 大久龍
7 *

2

3 レーゲンヴァルト 牡2 55 藤岡康 2.01.9 クビ
    ****
* * 33.9 3 6.6 494
8 *

2

2 ハギノパトリオット 牡2 55 蛯名 2.02.3 2 1/2
    ****
* * 34.3 6 13.1 468 松田国
9 *

7

13 レレオーネ 牡2 55 北村友 2.02.5 1 1/4
    ****
* * 34.3 5 9.6 480 吉田
10 *

5

8 ワールドレジェンド 牡2 55 岩田康 2.02.6 1/2
    ****
* * 35.2 9 27.6 474 松永昌
11 *

4

6 タマモエトワール 牡2 55 和田竜 2.02.7 1/2
    ****
* * 35.8 11 36.3 488 南井
12 *

7

12 ヒルノデンハーグ 牡2 55 鮫島良 2.03.0 2
    ****
* * 37.4 13 80.1 482
13 *

3

4 ミスズダンディー 牡2 55 池添 2.03.1 3/4
    ****
* * 34.6 15 146.5 484 加藤敬
14 *

8

15 ジェルヴェーズ 牝2 54 小牧太 2.04.3 7
    ****
* * 36.8 10 29.7 526 高橋忠
15 *

6

11 トーセンゲイル 牡2 55 武豊 2.04.5 1 1/4
    ****
* * 36.0 2 4.9 452 池江寿

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
36.1 48.8 1.01.1 1.13.7 1.25.6 1.37.3 1.49.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
12.6 10.7 12.8 12.7 12.3 12.6 11.9 11.7 12.0 11.9
払戻金
単勝

7

4,150円

馬単

7-9

18,020円

複勝

7

9

1

850円

160円

720円

ワイド

7-9

1-7

1-9

2,330円

8,130円

1,480円

枠連

4-5

2,730円

3連複

1-7-9

35,270円

馬連

7-9

6,740円

3連単

7-9-1

304,600円

勝因敗因

タイセイアプローズ(1着)松山騎手 前2頭が速かったけど、それより後ろはそうでもなかったから、自分から少し早目に動く形を取りました。最後まで長くいい脚を使ってくれましたね。

次走へのメモ

タイセイアプローズ……スラッとして芝向きの馬体。ヨレてダッシュがつかず前半は後方。ペースが遅いと見て向正面で仕掛けて動き、馬群の先頭に取りつく。そこでひと息入れて4角手前で再スパート。もうひと伸びして残り100メートルでウインを捉えた。鞍上の好判断が一番の勝因だが、馬も長く脚を使っている。

前へ

次へ

上へ