2014年4月19日 (当日の馬場情報)

3回中山7日目

12

利根川特別

(混),1000万下,定量

(ダート・右)

曇・良

  1. 1480万
  2. 590万
  3. 370万
  4. 220万
  5. 148万

レコード1.48.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

2

4 ブラインドサイド 牡5 57 田辺 1.54.3
    ****
* * 36.2 2 5.1 498 0 加藤征
2 *

4

7 グッドマイスター 牡5 57 後藤浩 1.54.3 クビ
    ****
* * 36.7 1 3.3 482 -4 安田隆
3 *

3

6 サウンドトゥルー 牡4 57 蛯名 1.54.3 ハナ
    ****
* * 36.5 3 5.8 478 -2 高木登
4 *

6

11 エルマンボ 牡4 57 戸崎 1.54.9 3 1/2
    ****
* * 37.0 4 6.3 530 +6
5 *

7

13 コスモマイギフト 牡5 57 柴田大 1.55.0 1/2
    ****
* * 36.8 12 58.2 500 0 堀井
6 *

4

8 クワイアーソウル 牡6 57 三浦 1.55.1 1/2
    ****
* * 37.5 9 26.2 500 -4 萩原
7 *

2

3 トミケンユークアイ セン5 57 松岡 1.55.1 アタマ
    ****
* * 37.7 11 52.6 492 -10 水野
8 *

8

15 ロンギングエース 牡4 57 石橋脩 1.55.1 ハナ
    ****
* * 36.5 5 6.9 508 -2 勢司
9 *

5

9 オアフライダー 牡4 57 吉田豊 1.55.2 1/2
    ****
* * 36.9 13 84.0 480 -6 田村
10 *

1

1 スノーモンキー 牡4 57 内田博 1.55.5 1 3/4
    ****
* * 37.5 6 12.2 448 0 相沢
11 *

3

5 バイタルフォルム 牡4 57 江田照 1.55.6 1/2
    ****
* * 37.9 10 44.1 486 -4 新開
12 *

5

10 サトノレオパード セン5 57 柴田善 1.55.9 2
    ****
* * 38.4 7 23.5 496 +4 藤沢和
13 *

6

12 ゴールウェイ 牝5 55 田中勝 1.56.2 1 3/4
    ****
* * 37.8 14 173.2 474 +2 栗田徹
14 *

1

2 タイセイローマン 牡5 57 北村宏 1.56.3 1/2
    ****
* * 38.5 8 25.0 494 +2 新開
15 *

7

14 ブレイクチャンス セン7 57 武士沢 1.56.4 1/2
    ****
* * 37.9 15 274.0 490 -4 手塚
16 *

8

16 ブライトポジー 牝5 55 柴田未 1.57.0 3 1/2
    ****
* * 38.8 16 363.7 448 +2 堀井

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
38.6 52.0 1.04.8 1.17.4 1.29.3 1.41.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
13.1 12.3 13.2 13.4 12.8 12.6 11.9 12.0 13.0
払戻金
単勝

4

510円

馬単

4-7

2,100円

複勝

4

7

6

190円

150円

180円

ワイド

4-7

4-6

6-7

400円

650円

310円

枠連

2-4

720円

3連複

4-6-7

1,430円

馬連

4-7

940円

3連単

4-7-6

7,540円

勝因敗因

ブラインドサイド(1着)田辺騎手 折り合いがどうかという心配はありましたが、後ろから外を回してもと思ったので、ある程度前について行くレースをしました。でも、馬の後ろで折り合いがつき、うまく脚をタメることができました。その分、最後までしっかりと走れました。返し馬でも落ち着いていましたからね。

次走へのメモ

ブラインドサイド……出たなりで中団のイン。勝負どころからジワジワ外目に持ち出して、4角では外の馬を弾いて出てくるような形。直線入り口でも2着とは4馬身くらいの差。更にこの上がりで差し切るのだから強かった。

前へ

上へ